服や布に油性マジックが付いてしまった!

誰もがこんな経験はあると思います。

特に大事な服やハンカチなどの布に油性マジックが付いてしまうと、そのショックは計り知れません。

そんな時、簡単な油性マジックの消し方があれば便利だと思いませんか?

ということで今回は、油性マジックの簡単な消し方についてご紹介します!

【スポンサードリンク】

服や布についた油性マジックはなぜ消えない?

そもそも、服や布についた油性マジックはなぜ消えないのか分かりますか?

油性ペンは4つの材料から作られており、溶剤、着色剤、樹脂、定着剤からなっています。

油性ペンが消えない理由はこの4つめの定着剤が入っているため、書いた素材に着色剤などが定着し消えないんです。

ちなみに、ホワイトボードなどに使用するマーカーも油性ペンの一部なのですが、あれは書いたあとに消すことができます。
それはなぜかと言うと、ホワイトボード用のマーカーには定着剤の代わりに剥離剤が入っているんだそうです。

油性ペンが落としにくい理由が分かったところで、その消し方について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

服や布についた油性マジックの消し方

服や布は油性ペンを消すのが難しい素材だと言えます。

そんな服や布に付いてしまった油性ペンでも、簡単な消し方がありました。

用意するのは女性のメイク落としであるクレンジングオイルの中でも、クレンジングローションを使用します。

クレンジングローションには乳化剤が含まれており、それが定着剤を剥離させるのに役立ちます。

やり方としては、布の裏に汚れても問題のないタオルなどを敷き、クレンジングローションを油性ペンが付いてしまった箇所に付けます。

布を優しくもんだり、擦ったりして汚れを落とし、水洗いしたら通常通り洗濯します。

これで付いてしまった油性ペンが落ちているはずです。

クレンジングローションの他、薬局などに売っている消毒用エタノールでも効果があるようです。

その他の物についた油性マジックの消し方

服や布の他にも、油性マジックが付いてしまって困る場所というのは沢山あります。

ここではそれぞれ消し方をご紹介していきます!

・手や顔などの肌に付いてしまった場合

サラダ油やハンドクリーム、口紅などを使って定着剤を浮かせて落としたり、マッチや歯磨き粉の研磨剤を使って定着剤を削りとって落とすことができます。

・フローリングや机などに付いてしまった場合
こうした硬いものについた油性マジックの汚れは、ラッカーシンナーを使用すると落とすことができます。

ただし、使用中にこれを吸い過ぎると体に毒ですので必ず換気しながら行うようにしてください。

ラッカーシンナーがなければたばこの灰を雑巾につけてこすっても油性マジックの汚れを消すことができます。

・革製品に付いてしまった場合
こちらも布製品と同じくクレンジングローションや消毒用エタノールで落とすことができますが、クレンジングローションを使用する場合は革が変色してしまう可能性があります。

必ず使用する前に目立たない部分で変色しないかどうかをチェックしてから使用するようにしてください。

エタノールなら基本的には色落ちはしないはずです。

最後に

布や服に付いてしまった油性ペンの消し方をまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

気をつけていても不意に付いてしまうこともあるでしょうから、もしそんな時にはこちらの記事を参考にマジックの落とし方を試してみてくださいね!

【スポンサードリンク】