ゆで卵って水からかお湯からどちらにするか、作り方で迷ったことありませんか?

ゆで卵の作り方って、一見卵をゆでるだけなので簡単そうに見えます。

でも水からゆでるか、お湯からゆでるかふと考えてしまうものです。

そこで今回は、ゆで卵は水からかお湯から作るか、正しい作り方を紹介します。

【スポンサードリンク】

ゆで卵を水から、もしくはお湯から作る時のメリットデメリット

ゆで卵を水からもしくはお湯から作るか迷いますが・・・・実はどちらの作り方でもゆで卵は美味しく出来上がります。

しかし、水からとお湯からではゆで卵の作り方が違ってきます。

更に水からとお湯からでは、ゆで卵を作る上でそれぞれメリットとデメリットもあります。

ではどんな違いがあるのかまずは見ていきましょう。

【水からゆで卵を作る時】

メリット

・冷蔵庫で冷えた卵を水に入れても、水と同じ位の温度なので割れにくい

・固ゆで卵を作る時は、じっくり火が通るので少しずつゆであがるため仕上がりがきれい

・お湯からゆでるよりも、少し早くゆであがるので光熱費が節約できる

デメリット

・お湯になる(沸騰)タイミングがわかりづらいので、半熟など微妙なゆで加減が必要な場合はうまく仕上がりにくい

【お湯からゆで卵を作る時】

メリット

・お湯からだとゆで時間が測りやすいので、正確に好みの硬さにゆでることができる

・急激に短時間卵に熱をくわえるため半熟卵がきれいに仕上がる

デメリット
・冷蔵庫から出してすぐの卵をいきなりお湯に入れると、温度差の関係で殻が割れて中の白身が出てくることが多い。

・ゆでる前に常温に戻すため、冷蔵庫から出しておくのが面倒

・お湯に入れる時に卵に衝撃を与えると、殻が割れる可能性がある

【スポンサードリンク】

水から&お湯から作るゆで卵の作り方

まずは、水から作るゆで卵の作り方を見ていきましょう。

【水からゆでるゆで卵の作り方】

1.卵を鍋に入れて、卵が隠れるくらいの水を入れて火にかける

2.沸騰したら火を中火に弱めて、半熟なら5分、固ゆでなら12分ゆでる

次に、お湯から作るゆで卵の作り方を紹介します。

【お湯からゆでるゆで卵の作り方】

1.予め冷蔵庫から卵を出して、常温に戻しておく

2.鍋にお湯を多めに入れて沸騰したら、中火にしてお玉に卵をのせてゆっくり入れる

3.半熟なら6分、固ゆでなら12分ゆでる

4、ゆであがったらすぐに冷水に入れて一気に冷やす

ゆで卵を作る時に、水やお湯と一緒に一つまみの塩もしくは小さじ1杯程度の酢を一緒に入れると卵の殻にヒビが入っても白身の流出を防ぐことができます。

黄身がゆで卵のちょうど真ん中に来ると見た目にも綺麗ですよね。

そのためにも、ゆでている時に卵同士がぶつからないよう気をつけながら、ゆっくり菜箸で卵を転がしましょう。

ゆで卵は水からでも、お湯からでもどちらの作り方でもきちんとできます。

ただ半熟卵ならお湯から固ゆで卵なら水から作ると作りやすいし、仕上がりもきれいなので使い分けるといいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】