ヨーグルトを毎日食べたらどんな効果があると思いますか?

実は、ヨーグルトには私たちが思っている以上の素晴らしい効果があるのです。

毎日の習慣にできれば、間違いなく健康になれます。

「ヨーグルトを食べるだけでなんで?」

「毎日食べて大丈夫なの?」

と思った方、その疑問ごもっともです!

では、なぜヨーグルトには人の体を健康にする効果があるのか?

毎日食べるとどうなるのか?

調べたことをまとめながら書いていきたいと思います。

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

ヨーグルトの効果って?

それではまず、ヨーグルトが人間の健康にもたらす3つの素晴らしい効果について見ていきましょう。

1.お肌の改善に効果がある
ヨーグルトには「ホエイ」という物質が含まれています。

これはヨーグルトの上にたまっている水分。

よく見かけますよね。

この水分には、良質なタンパク質とか、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

ホエイに含まれる成分には炎症を鎮める働きがあり、肌荒れ・ニキビの改善と予防に効果があります。

捨てたらもったいないです。ヨーグルトと混ぜて食べちゃってください。

2.ガン予防に効果がある
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの原因と考えられている「ピロリ菌」。

これを除去するのがヨーグルトに含まれる「LG21」という乳酸菌の一種なんです。

ピロリ菌に感染している人がLG21が含まれているヨーグルトを、2ヶ月の間、1日2個ずつ食べた結果、約80%の人のピロリ菌が減少するという効果が確認されました。

ピロリ菌があるかどうかわからなくても、LG21が含まれているヨーグルトを毎日食べていれば、自然とガン予防になってしまいます。

他にも、胃の調子が良くなったという報告もあります。

3.ダイエットに効果がある
ヨーグルトには腸内環境を整える力があります。

それはつまり、腸の運動を活発にし、便通が良くなるということ。

便秘を解消したり、予防したりしてくれます。

便通が良くなるということは、ダイエットにも効果があるということ。

ヨーグルトを食べると良い効果がある、ということがわかってきましたね。

【スポンサードリンク】

ヨーグルトは毎日食べても大丈夫なの?

ヨーグルトは美味しいので、毎日食べるのはそんなに苦にならないとは思います。

ですが、本当に毎日食べて体は大丈夫なの?という疑問もないこともないですよね。

確かにその通りで、ヨーグルトを食べすぎると、「良い便通」を通り越して下手をすると下痢になることもあります。

また、ヨーグルトの主な成分はタンパク質と脂質。

食べすぎると消化が悪くなってしまうんです。

毎日食べることは良いことなのですが、1日に食べる量は考えましょう。

目安は100〜200gです。

まとめ

いかがでしたか?ヨーグルト、毎日食べたくなりましたか?

ヨーグルトは人間の健康に良い効果を与えてくれます。

やはり毎日欠かさず、継続して食べることがベスト。

ヨーグルトは美味しい上に、お肌にも、ガンにも、ダイエットにも効果がでてくる、という素晴らしい食べ物でした。

ただ、毎日食べるのが良いと言っても、食べ過ぎると悪い効果を与えます。

下痢になってしまうようなら、量を減らすなどしてコントロールしましょう。

毎日の習慣が、あなたの健康に、人生に、良い効果をもたらすことを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】