山芋が原因でアレルギーが出たり、かゆみが出た時の対処法をご存知でしょうか?

山芋を摩り下ろすと、手にかゆみが出ますよね?

手がかゆくなるのはアレルギーが原因だったのでしょうか?

今回は山芋によるアレルギーとかゆみの原因と対処法について調べてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

かゆみが出る原因は山芋アレルギーなのか?

山芋を擦ったときに手がかゆくなるのは、シュウ酸カルシウムが原因だそうです。

これはアレルギーではありません。

この「シュウ酸カルシウム」の結晶は、針のように尖ったトゲトゲの形をした結晶である為、皮をむいたり、とろろにしたりする事で組織が壊れて皮膚を刺激するので触れた場所がチクチクとかゆくなります。

対処法としては酸に弱いため、痒いところを食酢で洗うと、痒さが収まるそうですよ!

そうではなく、山芋を食べた後に体にかゆみなどの反応が現れる。これが山芋アレルギーと言われています。

ただし、山芋のアレルギーは食物アレルギーとは違うようです。

【スポンサードリンク】

山芋のアレルギーの原因は?

山芋のアレルギーの原因は食物アレルギーと少し違います。

私たちの体には、体内に侵入してきた異物に対して抗体をつくり、これらを攻撃して体を守ろうとする働きがあります。

この働きが、ある特定の物質に対して過剰に反応してしまうのがアレルギー反応です。

食物アレルギーの場合、食べ物に含まれる主にタンパク質が異物(アレルゲン)と認識されて症状が引き起こされます。

山芋にはアセチルコリンという物質(神経伝達物質)が多く含まれています。これが身体に反応し、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こすと言われています。

山芋アレルギーは食物アレルギーの免疫反応が起こっていないのに、そのアレルギー症状を発症して直接人体に影響するので『仮性アレルゲン』と呼ばれます。

対処法はあるのでしょうか?

山芋のアレルギーの症状と対処法

山芋アレルギーが原因の症状はかゆみだけではありません。

皮膚に起きる症状や消化器系症状、呼吸器症状などがあります。

症状がひどい場合、アナフィラキシーショックを起こし死に至ることもあるのです。

山芋アレルギーの特徴で、特に生の状態で食べた場合に最もアレルギー反応が現れやすいと言われています。

そのため、生で食べない事が一番の対処法になるそうです。

ただ、よく加熱したり、加工処理を行なった場合でも山芋アレルギーを発症してしまう危険性はあります。

通常、山芋を食べるとアレルギーの症状が出てしまう方でも、体調の良い時はその症状が軽かったり、現れなかったりすることがあるそうです。

身体の調子を整えておくこともアレルギーの症状を出しにくくすることにつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

山芋のアレルギーの原因やかゆみの対処法についてご紹介しました。

私は特に症状が現れることは今までありませんでしたが、気をつけながら食べていこうと思いましたし、すりおろした時のかゆみの対処法はすぐ使える裏技として知ることができました。

山芋は栄養も、体に良い効能も沢山ある食品です。

上手に取り入れていきたいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】