朝と寝る前に白湯を飲むことが健康にいいということを知っていますか。

朝と寝る前に白湯を一杯づつ飲むだけで効果があるようです。

今日は白湯がなぜいいか、効果とそのやり方を紹介していきます。

是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

白湯がなぜ健康に良いのか

白湯とはお湯のことです。

白湯を飲むだけという、いかにも簡単な方法で健康になれるようです。

お年寄りと子供は朝と寝る前に白湯をのむというのは昔ながらの習慣ですが、インドの伝統的医学である「アーユルヴェーダ」である通り、白湯を毎日飲むことで健康になれるというれっきとした証拠があるのです。

朝起きぬけに白湯をのむと内臓が温められ胃が軽くなる感じがします。

また白湯を飲むことで内臓の内側にたまった老廃物を洗い流すのでデトックス効果もあるとされています。

【スポンサードリンク】

白湯の効果とその作り方

白湯を飲むことによって体を内側から温めることができます。

体を温めるには外側から温めるより、内側から温めるほうが効果的で、白湯を飲むことで内臓の温度を一度上げることができ、基礎代謝がアップします。

ダイエット中の方にはうれしい効果です。

また白湯で体を内側から温めることにより、血液循環がよくなります。

血液にたまった老廃物を出して美肌にも効果があるようです。

夜寝る前の白湯は体を内側から温め、眠りやすくしてくれるという効果があるようです。

作り方は簡単で、やかんに水1リットルを入れて強火で沸騰させます。

この時沸騰したらすぐに火を止めるのではなく、10分くらいさらに煮たたかせてからカップに入れるようにします。

こうすることで水道水のカルキ臭さがなくなります。

大体50度くらいが飲み頃で、一気に飲み干してしまうのではなく、ゆっくりとすすりながら飲むと効果があるようです。

朝の忙しい時間に白湯を作っている時間がないという方には、コップ一杯を電子レンジに入れて600wで2分間加熱すると簡単に白湯ができます。

実行する時は朝と寝る前

白湯を飲む時間は朝と寝る前が良いようです。

特に朝起き抜けの一杯は胃腸の働きを良くしてくれることや体自体を温めてくれるので、朝の習慣をまずつけることが大切です。

白湯を飲むこと自体が時間に関係なくいいことなので、自由に飲む時間を選んでくれて構いません。

またトイレに行きたくなるから寝る前には白湯をのみたくないという方がいますが、人間の体は寝ている間にコップ一杯の汗をかくのですから、少量から試すことをお薦めします。

白湯にちょっとしたアレンジ

白湯を飲むときちょっとした癖のようなものがあって白湯を飲むのが苦手という方には、はちみつや、梅干し、レモンスライスなどを白湯に入れてみると飲みやすくなります。

効果に違いはなく、おいしいので習慣付けやすくなります。

最後に

いかがでしたか。

白湯はお肌屋ボディシェイプを気にする女優さんやモデルさんの中でもはやっているそうです。

朝と寝る前の白湯の習慣をつけたいものです。

是非実行してみてください。

【スポンサードリンク】