脇汗のせいで黄ばみが出ることってありませんか?予防法はあるのでしょうか?

また、万が一ついてしまっ他場合、落とし方はあるのでしょうか?

今回は脇汗の黄ばみの落とし方と予防法について調べてみました。

是非参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

黄ばみの原因の脇汗を予防と落とし方

気がつけば、服の脇にできた黄ばみ。
 
脇汗をかくとシャツなどに黄ばみができますね。
 
この黄ばみは人間の皮脂が原因だそうです。

脇汗を掻かないようにするのは難しいので、予防としてシャツの脇の部分に汗脇パットなどを使用したり、インナーに濃い色のものを着用したりすることも対策として良いと思います。

予防することが難しい場合や、黄ばみがついてしまった場合、落とし方はあるのでしょうか?

先ほどの黄ばみの原因は皮脂だと言いましたが、黄ばみをさらにそのままにしておくと、経験をお持ちの方も多いと思いますが黒ずんできます。
 
これは、黄色く皮脂がこびりついている上に埃などの汚れがさらに付着して黒ずむのです。
 
こうなってしまうとちょっとやそっと洗濯した程度で衣類のシミは取れません。

では黄ばみの落とし方についてご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

脇汗によってできた黄ばみの落とす時の注意点

 
脇汗による黄ばみの落とし方になりますが、多くの家庭で使用されるのが漂白剤になるとおもいます。
 
漂白剤にも塩素系(酸性)、酸素系(アルカリ性)と種類があり塩素系は非常に強力です。

柄や色も落としてしまうこともあります。黄ばみを落とすどころか、色がまだらになってしまったりすることもあります。

それらを予防する為に、塩素系の使用を不可としている服も多いので服のラベルを確認してから使いましょう。

脇汗によってできた黄ばみの落とし方のコツ

酸素系漂白剤で脇の黄ばみの落とし方をご紹介します。

皮脂やタンパク質を溶かす性質がアルカリ性の特徴としてあるのでそれを利用します。
 
酸素系漂白剤はアルカリ性の漂白剤です。

酸素系漂白剤を使用するのにはコツがいります。ただ使えば良いわけではありません。
 
まず衣類の黄ばみを除去する為には、黒ずみから落とします。

黒ずみがない場合でも、皮脂などの油分があったり、ホコリなどの汚れが黄ばみ汚れをコーティングしてしまっている状態なので、そのまま漂白剤などを使ってもしっかり黄ばみ汚れに洗剤が届かないのです。
 
これらを落とすのには普段使っている台所洗剤でかまいません。

汚れている部分に直接台所用洗剤をかけます。

色物の場合はかけすぎると色落ちの原因になるので注意してください。

色落ちの予防策として、目立たないところで洗剤をつけてテストしておくことをお勧めします。

洗剤をつけたら、いらなくなった歯ブラシなどでやさしく表面をこすると表面に付いた黒ずみの元がとれ、黄ばみ汚れを浮き上がらせることが出来ます。

40度~50度程度のお湯によく漂白剤を溶かし、服を30分程度浸け、あとは通常通り洗濯機で洗濯しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

脇汗などの黄ばみを落とす方法と予防についてご紹介しました。

今まで使っていたけれど、そこまで黄ばみに効果を感じられなかった方はコツをぜひ試してやってみて下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】