ワガママな女性は嫌われる・・・と思っていませんか。

その割に、あんあワガママな子がモテているのはなぜ?と思うこともありますね。

なぜでしょうか。

ここでは、モテるワガママな女性の特徴についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

モテるワガママの特徴

ワガママを言わない我慢強い従順な女性は、それが理由で嫌われることはありませんが、それだけでは「優しいいい人」です。

男性から見た場合、「この女性はその優しさがふつうなんだな」と思うだけで、強い興味や愛情にはなかなかつながりません。

そもそも男性と女性は、得意なこと、できることが異なります。

そして、男性は女性から頼られて、それを叶えたときに悦びを感じるという特徴があります。

ちょっと難しい課題を与えられて、それを解決した、やり遂げたとき、人は大きな達成感を得ますよね。

男性から女性を見た場合、それが大きく作用するようです。

「俺が手を貸してやらないと」「俺が見ていてやらないと」という感情です。

マイペースに自分のワガママを言っている女性が、たまに男性の意見を受け入れたりすると、驚きながらも男性は喜びを感じることも。

ワガママと思えるぐらい素直に感情を出すことができる特徴のある女性が、いわゆるモテるワガママです。

一方的にワガママを言うのではなく、時にはお願いをしてみたり。

自分にとってゆずれないもの、意志や信念があって、それをはっきりと伝えて通そうとするワガママは、実は相手の興味をそそり、相手を飽きさせない特徴であり、魅力となります。

日頃は自分の素直な感情を真っ直ぐに出し、時々、男性の譲れないところは譲ってあげる、そんな特徴のある女性は男性に追いかけられる、モテる女性です!

自分の過去の友人や恋人のことを思い出してみましょう。

ワガママを言われたとき、「嫌い」と感じましたか。

「なんとかして叶えたい」と思いましたか。

もちろん「嫌い」と感じたこともあると思いますが、「なんとかして叶えよう」と思ったことも、それで関係性が悪くなるどころか仲良くなったこともあるはず。

頼られると、頑張ろうと思うのが人間です。

男性から女性を見た場合はなおさらです。

逆に、何も頼られないと興味が薄れ、「期待されていない」「俺なんかいなくても・・・」となってしまうことも。

【スポンサードリンク】

「嫌い」と思われるワガママ

周囲を振り回し過ぎる、相手のことを考えない、感謝の気持ちがないワガママは、当然嫌われます。

また、気分屋で、その時その時で言うことが変わるなどは、相手が混乱するだけですので、要注意です。

最初は頑張ってくれていても、いずれ「もう嫌いになった」「もう手に負えない」と離れていってしまいますよ。

最後に

ワガママというとよくないものに聞こえますが、素直に意見を言うことは大切なことですね。

一般的には、ワガママはよくない、我慢することは大事だと教えられてきますが、人間関係、特に男女関係において、女性は素直に言葉や態度に出すことが非常に大切です。

それが、「嫌い」と思われない、モテる女性のワガママの特徴です。

人を頼らず一人で頑張ってしまう女性は、肩の力を抜いて「手伝ってほしい」と言ってみることから始めてみましょう。

【スポンサードリンク】