うなじに大きなしこりが出来て痛くて触っていたらなんだかニキビのようなものができていました。

あなたにもこんな経験ありませんか?

うなじにできるニキビはしこりのようなものが出来て、痛かったり、治るのが遅かったりします。

一体原因はなんなんでしょうか?

今日はうなじにできるしこりのようなニキビの原因について調べてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

うなじにできるニキビの原因は?

うなじにニキビが出来たことのある方、原因はなんなのでしょうか?

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまうことで起こります。

そしてニキビ菌として知られる「アクネ菌」が繁殖し、毛穴の中で炎症が起きている状態です。

しこりのあるようなニキビの正体は、ニキビが炎症を起こして腫れているから起こります。

首やうなじは皮膚の表面ではなく、毛穴の奥深くで炎症が起きている状態であることが多く、しこりのような感じになるのです。

【スポンサードリンク】

しこりニキビの原因を探ると

ではどうしてしこりのようなニキビがうなじにできるのでしょうか?

主な原因として挙げられるのはホルモンバランスの乱れだと言えるでしょう。

特にしこりニキビの場合、皮膚の奥深くで炎症が起きているということは体の内側から老廃物などが毛穴に詰まってしまっているということが原因となるのではないでしょうか?

肌は表面の古い角質層が落ちて、新しい皮膚が下の方から出ていきます。

これをターンオーバーといい、ホルモンバランスが乱れると、このターンオーバーの周期が遅れると言われています。

ターンオーバーが正常に行われなくなってしまうと、落ちきらずに残ってしまった古い角質が肌の表面に蓋をしてしまいます。

つまり、毛穴の中から老廃物や皮脂が外に出る事ができずに詰まり、毛穴の奥でニキビになってしまうというわけです。

しこりニキビを防ぐ方法はあるのか?

うなじなどにできるしこりニキビの原因はホルモンバランスが乱れるということがわかりましたね。

ではホルモンバランスを整えることに有効な習慣を上げていきましょう。

まず、ホルモンバランスが乱れることは生活習慣によって起こることが多いです。

以下のようなことに気をつけましょう。

・睡眠不足…毎日6時間以下の睡眠では不十分です。

・偏った食生活…コンビニ弁当やカップ麺、ファストフードなど添加物たっぷりの加工品は避けましょう。

・お酒の飲み過ぎ…毎日浴びるようにお酒を飲んでいるなど、少量ではない体の負担になるような飲み方は良くありません。

・喫煙…活性酸素を生み、体の代謝を低下させます。

・運動不足…普段体を動かす機会がほとんどないのは良くありません。

・ストレス…ストレスの発散方法がなかったり、ためてばかりいるのはホルモンバランスを乱してしまいます

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はうなじにできるしこりのようなニキビの原因や、しこりニキビを作らないようにするための習慣などについてご紹介しました。

うなじにできるしこりはニキビの他に、もしかしたら何かの腫瘍かもしれません。

ずっと治らないようでしたら、自分で診断せずに病院で診てもらうことも大切だと思います。

ホルモンバランスが乱れないように、規則正しい習慣を身につけて、しこりニキビが出来ないようにしたいものですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】