今や「はちみつ入り」は高級梅干の代名詞となっています。

健康によさそうな梅干しですが、カロリーは、どれくらいか知っているでしょうか?

そして、ダイエットに良いと聞いたけど、どんな効果があるのでしょう?

そんなことを調べていくうちに気になるポイントもみつけてしまいました。

考えるだけで、つばが出てきそうな梅干しに、はちみつ入りに注目してカロリー等を調べてみました。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

梅干しについて

昔からお弁当というと白いご飯の真ん中に梅干しが一つといういわゆる日の丸弁当が親しまれてきましたが、殺菌効果の高い梅干しをお弁当に入れることは実は大変理に適っているのです。

梅干しは私たち日本人にとってとても身近な食べ物ですが、その昔から梅干しの持つ効能は知られていました。

最近では梅干しには殺菌効果だけではなく、生活習慣病やガンを予防する効果まであることがわかってきました。

今まで梅干しを脇役としか思っていなかった人も、梅干しの威力を知って驚くと思います。

そこで、今回は本当に「医者いらず」と長年言われてきた梅の力があるのか、科学的なデータを元にご紹介していきたいと思います。

私たちにとってとても身近な梅干しですが、現在では実に沢山の種類のものが作られています。
料理の調味料的な役割を果たすこともありますし、梅干しを使った清涼菓子なども種類が豊富です。

私たちが普段食べている一般的な梅干しは赤じそ漬けです。

塩漬けした梅干しを赤じそに漬けることで、梅干し特有の鮮やかな赤色を作り出してくれます。

その他にもかつおやこんぶなどの調味料で味付けした梅干しがあります。

また十分に熟していない梅を使って、人気のカリカリ梅を作ることもできます。

沢山の梅干しの中から自分の好みのものを常備しておくといいですね。

読み終える頃には間違いなく梅干しを食べたくなっていると思いますよ。

【スポンサードリンク】

気になるはちみつ梅干しついて

すっぱい梅干が苦手な方でも、食べられる梅干しがはちみつ入りです。

純粋なはちみつを加えた果肉たっぷりのマイルドな梅干し。

まろやかな甘味とほどよい酸味が、絶妙のバランスに仕上がっています。

今でこそ、はちみつ入りの梅干は一般的になってきている、実は作り始めた頃、なかなか世の中に受け入れてもらえない梅干でした。

女性に人気なのが甘い味付けのはちみつ梅干しです。

普通の梅干しを塩抜きし、はちみつに付け込んで甘酸っぱく味付けします。

酸っぱすぎないので子供でも比較的食べやすいのが特徴です。

気になるはちみつ梅干のカロリーについて

梅干しのカロリーは梅干しは漬ける時の方法によって異なります。

塩だけで漬けるのか、はちみつ漬けにするのか、おかかなどを使うのか、など使う材料によって異なります。

まずは昔ながらの塩だけで漬けた梅干しですが、中くらいの梅干し一個で約3Kcalほどです。

カロリーはとっても低い事がわかります。

はちみつ漬け梅干しでは、はちみつ漬けにした梅干しのカロリーはというと・・・。

同じく中くらいの梅干し一個で約20Kcalほどになります。

おかかの梅干しもだいたい同じくらいのカロリーですね。

はちみつ漬けにする事で糖分が増えますので、その分カロリーが高くなってしまいます。

カロリーだけでみたら、昔ながらの梅干しの方がダイエットに向いていそうな事がわかります。

次は、はちみつ漬けの梅干しの塩分についてです。

はちみつ漬けの梅干しの塩分はどのような塩分で漬けているかによって異なりますが、中くらい一個で約1.5gほどになります。

昔ながらの物と比較して半分以下の塩分量担っているも人気の理由の一つです。

大粒 27g で 、およそ25カロリーほどです。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】