長年使っているバスタオルって臭いがしみついていてとれなかったりしますよね。

洗っても洗っても臭いが取れず、もったいないけど捨てるはめになってしまった人も多いかと思います。

しかしそのバスタオル、重曹を使えば改善されるかもしれません。

薬局で売っている重曹ですが、洗濯や掃除に使える便利なアイテムなのです。

普通の洗剤で洗ってもとれないという人は重曹を試してみてはいかがでしょうか。

今回はそんな重曹の使い方をお伝えします!

【スポンサードリンク】

洗っても臭いの取れないバスタオルには重曹がおすすめ!

洗っても取れないバスタオルの臭いは重曹が有効です。

バスタオルは毎日使い続けるうちに雑菌やカビがくっつき、臭いを放つようになります。

この臭いは洗濯機で洗っても簡単には落ちず、おまけに他の洗濯物に臭いが移ってしまいます。

そんなバスタオルの臭いを取るには重曹がおすすめです。

重曹は「ふくらし粉」と呼ばれる食品であり、石鹸のように使うことができます。

この重曹は石鹸のように汚れや菌をきれいにする上、弱アルカリ性なので脱臭作用もあります。

おまけに食品なので体にも無害です。

この重曹を生かせば洗っても取れないバスタオルの臭いを改善できるのです。

【スポンサードリンク】

バスタオルを洗う時の重曹の使い方

重曹を使ったバスタオルの洗い方には二種類あります。

どちらのやり方でも洗っても取れない臭いを改善してくれるので、試してみてくださいね。

①重曹でつけおきする方法

まず用意するのは重曹とお湯(40~50℃)です。

重曹はお湯1Lに対して15~20gほどを入れればOK。

洗面器やたらいの中にバスタオルをつけておいても放置すればそれで完了です。

つけおきをした後はそのまま洗濯機で洗ってしまいましょう。

お湯の温度で菌が消毒され、重曹が菌のエサになる皮脂などをきれいにしてくれるので、洗ってもとれないあのしつこい臭いを解消できます。

このやり方を使ってまだ臭いが取れなければ、鍋に張った水に重曹を溶かし、そのまま沸騰させるという荒療治もあります。

洗っても取れない臭いがあまりにしつこい場合は試してみてください。

②洗濯機に重曹を入れる方法

洗濯機でバスタオルを洗う時に重曹を入れるという方法もあります。

やり方は簡単、洗剤と一緒に重曹を小さじ2~3杯入れればOKです。

そのまま洗濯機を回してしまえば、重曹が洗剤の効果を高めてくれます。

もちろん洗っても取れない臭いもスッキリ!

でも、注意点が一つあります。

洗濯機の中には重曹が使えないタイプもあります。

このやり方を使うなら、洗濯機の説明書を確認しておきましょう。

最後に

重曹はとても便利なアイテムであり、バスタオルの洗っても取れないしつこい臭いも取ってくれます。

100均や薬局で重曹は買えますので、手に入れるのも簡単です。

また、重曹は研磨剤や石けんのような作用もあり、台所やシンクの汚れもきれいにしてくれます。

もし洗っても取れない臭いのせいでバスタオルを捨てようとしているなら、一度重曹を試してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】