頭皮に出来た謎のかゆくない湿疹!かゆくないなんて、なんだか不思議で怖いですよね。

かさぶたやフケなどもあるようで、原因も分からず人にも言えずに悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

ついつい気になって頭皮を触るとポツポツした湿疹があり、髪を洗う手にも力が。。。

でもそれだけではそのかゆくない頭皮の湿疹は良くはならないんです。

今回はそんな頭皮にできたかゆくない湿疹やかさぶたなどにお悩みの方に原因とアドバイスのお話です。

【スポンサードリンク】

頭皮にできたかゆくない湿疹。その原因は?

頭皮にできたかゆくない湿疹。

でもなんだか押すと痛かったり、ポツポツと赤くてかさぶたもある。

そんな湿疹で考えられるのが脂漏性皮膚炎です。

そしてこの皮膚炎には原因が2種類あり、かゆくない段階では、まだまだ序の口です。

原因①:皮脂が多いことで毛穴が詰まってそこに菌が付着。皮膚に炎症が起こり、湿疹やあかみ、かさぶたを引き起こす。
→もともと脂っぽいものを食べたりする人や、皮脂が多い体質の方はこちらの原因が多いと言われています。

原因②:頭皮が乾燥していることにより、保湿しようと過剰分泌された皮脂が原因で皮膚に炎症をおこしている。
→頭皮は顔の延長線上であり、思った以上に乾燥している人も多いのでこちらが原因で発症している人も多いです。

これらの原因により、最初は頭皮にはかゆくない赤くてポツポツとした湿疹などができます。

その頭皮に出来た湿疹は、初めのうちはかゆくはありません。

気になって触ったり、触れてみるとむしろ痛くなってくる場合があります。

そして、いつの間にか自然とそのかゆくない湿疹に繰り返し触れてしまったり、湿疹を潰してしまったりすると別の症状などが現れてくることがあります。

【スポンサードリンク】

かゆくなかった頭皮の湿疹を触れていたら、かさぶたのフケ原因に!

皮膚は炎症を起こしている状態ですので、とってもデリケートな状態にあります。

そのため、最初はそれほどかゆいと感じなかった頭皮の湿疹も、むやみに触れていたり湿疹を潰してしまうと別の症状を引き起こす原因となるのです。

特に多いのがかさぶたです。

炎症状態にある皮膚の湿疹は、潰すと浸出液などが出てきて、時には血液と一緒に固まりかさぶたとなります。

また、繰り返し触れるなどして炎症が強くなっている頭皮は繰り返し皮膚の再生が成されようとしているため、古い皮膚がはがれおちるのでフケとなります。

そのかさぶたやフケなどが剥がれる時や、周りの皮膚にひっぱられてつっぱる際などにかゆみの原因につながっていきます。

このように、かゆくない頭皮の湿疹も、気になって触れば触るほどかさぶたなど様々な症状を引き起こしていくこととなります。

最後に

頭皮にできたかゆくない湿疹は、脂漏性皮膚炎になり始めのわかりやすいサインといえます。

脂漏性皮膚炎は生活習慣、使用しているシャンプーやコンディショナーが合っていないなど様々な原因が考えられ、それは人によってそれぞれです。

かゆくない湿疹がいつの間にかかゆい湿疹に変わり、かさぶたやフケが出てくる前に、一度皮膚科に相談することをお勧めします。

そうすることで、薬を処方してもらえるだけでなく、かゆくない湿疹の原因となっている生活習慣やシャンプーや保湿などについてのアドバイスなどももらるはずです。

【スポンサードリンク】