豆乳でムダ毛を薄くする、そんな方法が可能なんでしょうか。

食べ物を変えるだけでムダ毛が薄くなるなら、願ったり叶ったりですが…。

ということで、今回は豆乳でムダ毛を薄くするという方法が本当に効果があるのかどうか、調べてみました。

豆乳の他にもムダ毛に効く食べ物があるようであれば、ご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

豆乳でムダ毛を薄くできる?

一見無関係に見える豆乳とムダ毛。

豆乳でムダ毛を薄くできるという噂がありますが、この2つに一体どんな関係があるんでしょうか。

ところが、調べてみたところ、一見何の関係もなさそうな豆乳とムダ毛ですが、確かに豆乳を摂ることでムダ毛を薄くすることができるらしいということが分かりました。

豆乳を使ったどんな方法でムダ毛を薄くすることができるのか、ご紹介していく前に、ムダ毛を含む人間の体毛のメカニズムについてまずは見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

食べ物がムダ毛に関係している!

ムダ毛に限らず、人間の体毛が濃くなったり薄くなったりするのに影響しているのは、男性ホルモンと女性ホルモンだと言われています。

男性ホルモンが増えることで体の毛は濃くなり、女性ホルモンが増えることで体の毛は薄くなります。

男性ホルモン女性ホルモンと名前はついていますが、別に男性に女性ホルモンやその逆がないわけではなく、その比率が少ないというだけで、男性にも女性ホルモンはありますし、女性にも男性ホルモンがあります。

したがって、男性女性に限らず、男性ホルモンを減らし女性ホルモンを増やすことによってムダ毛を減らすことができるというわけです。

そして、このホルモンの多い少ないに関係しているのは、遺伝的なものと食べ物だと言われています。

遺伝に関しては基本的にどうしようもありませんが、食べ物に関しては日常生活の中である程度コントロール可能ですよね。

中でも、豆乳は女性ホルモンを増やす効果があると言われており、そのために豆乳でムダ毛を薄くすることができるというわけです。

豆乳や他の食べ物でムダ毛を薄くする方法

ムダ毛を薄くするためには男性ホルモンを減らし、女性ホルモンを増やすことが重要だというお話をしました。

男性ホルモンを増やす食べ物というのは、例えば牛肉や豚肉、牡蠣、長ネギ、にんにく、ニラ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、じゃがいも、人参、かぼちゃ、砂糖を多く含むお菓子、炭水化物などです。

俗に「精が付く」と言われる食べ物や、野菜の中でも土の中に出来るものが多いですね。

これらの食品は食べることで男性ホルモンが増えやすいと言われているため、これらの摂取量を減らすことでムダ毛が生えにくい体を得られると言われています。

逆に女性ホルモンを増やす食べ物は、豆乳や納豆、味噌などの大豆製品、ひじき、玄米、そば、海藻類、ほうれん草、青魚、鶏肉、ヨーグルトなどです。

これらの食品を多く摂ることによって女性ホルモンの量が増え、ムダ毛が薄くなる効果が期待できます。

とは言え、極端に女性ホルモンのグループの食べ物だけを摂取しようとすると食事全体のバランスが崩れ、体調を悪くする一因になりますから、バランスをある程度取りながら女性ホルモンが増える食品を重点的に摂るようにしましょう。

最後に

ムダ毛を薄くするための体のメカニズムと、それを実現するための食べ物についてご紹介してきました。

豆乳や納豆など、普段の食事から取り入れやすい食品も多いですから、ぜひ生活習慣の中に取り入れてみてくださいね。

【スポンサードリンク】