日々の食卓に欠かせないトマトとミニトマト。

どちらも健康維持には欠かせない野菜ですが、実は栄養面で大きな違いがあります。

一見するとトマトの方が大きくて栄養がありそうに見えますが、実はそうではないのです。

今回はトマトとミニトマトの栄養の違いをお伝えします。

この記事をきっかけに意外な発見があるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

トマトとミニトマトに含まれている栄養

トマトとミニトマトの栄養の違いについてお伝えする前に、まずは両方に含まれている栄養をおさらいしてみましょう。

トマトとミニトマトにはビタミンCやビタミンEといったビタミンやβカロテン、カリウム、リコピンといった豊富な栄養が含まれています。

とりわけ有名な栄養素がβカロテンとリコピンです。

βカロテンは体内でビタミンAに変化し、風邪予防や抗がん作用に期待できるという優れもの。

胃の粘膜や皮膚も強化してくれます。

そしてトマトの色素であるリコピンは高い抗酸化作用を持ち、不妊予防や認知症予防に効果が期待できます。

トマトもミニトマトもこれだけの万能な栄養素を含んでいるすごい食材なんですね。

こう見るとトマトとミニトマトには大した違いがないように思えますが、実は隠された違いがあったのです。

【スポンサードリンク】

ミニトマトがトマトより栄養がある?

トマトとミニトマトの最大の違いは「ミニトマトの方が栄養素が高い」ということです。

トマトとミニトマトの100gごとの栄養素を比べてみましょう。

・ビタミンC

トマト 15mg

ミニトマト 32mg

・ビタミンB2

トマト 0.02mg

ミニトマト 0.05mg

・βカロテン

トマト 540μg

ミニトマト 960μg

・カリウム

トマト 210mg

ミニトマト 290mg

・リコピン

トマト 210mg

ミニトマト 290mg

・食物繊維

トマト 1.0g

ミニトマト 1.4g

違いは一目瞭然ですね。

全体的にミニトマトの方が栄養素が高くなっています。

見た目はトマトの半分以下の大きさですが、実際はミニトマトの方が栄養素が詰まっているというわけです。

でもミニトマト100gってそれなりの量だしカロリーが心配…という人にも朗報。

トマト100gのカロリーは19㎉であるのに対し、ミニトマト100gは29㎉。

たった10㎉の違いしかありません。

だからたくさん食べても大した影響はないでしょう。

またミニトマトはトマトと違って調理する手間が少ないので、おやつやおつまみ代わりに食べやすいのも特徴。

毎日食べ続けやすいことを考えると、ミニトマトの方がいいかもしれませんね。

最後に

トマトとミニトマトの意外な違いがわかったかと思います。

それにしてもミニトマトの方が栄養が豊富なのは驚きでしたね。

ミニトマトは食べやすさや調理工程の少なさという違いもあり、トマトより食べることに苦労しないのも魅力の一つ。

最近体や肌の調子が悪いという人は、毎日ミニトマトを食べてみてはいかがでしょうか。

ミニトマトの豊富な栄養で一気に健康になれるかもしれません。

【スポンサードリンク】