塩素のような臭いが頭皮からして、なんだか気持ち悪いしその臭いを取るにはどうしたらよいのか、悩んでいる方は意外と多いようです。

毎日ちゃんとシャンプーもしているのに、なんでそんな気持ち悪い臭いがするのか…。

そんな頭皮から出る塩素の臭いの正体や原因、その臭いを取る方法についてご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

頭皮から出る塩素のような臭いの正体

頭皮から塩素のような臭いがするのに、その正体が分からない…。

これは気持ち悪いですよね。

もし自分の頭がどんな臭いか分からなければ、それを確認してみましょう。

指やタオルを使って頭皮をやさしくこすってみて臭いをかいてみたり、普段使っている枕の臭いをかいでみれば自分の頭皮の臭いを間接的にかぐことができますよ。

これらから臭いがしたら、あなたの頭皮はどうやら臭くなっています。

この臭いの正体には様々な可能性がありますが、考えられるものはいくつかあります。

頭皮の汗だったり、シャンプーやリンスの洗い残し頭皮から分泌される皮脂などです。

これらの臭いが混ざり合って塩素のような気持ち悪い臭いになっているのかもしれませんよ。

これらが頭皮に残ってしまう原因と、それを取る方法についても見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

頭皮の塩素の臭いの原因

頭皮の汗やシャンプー、リンスの洗い残しが臭いの元になっている場合は、日頃のシャンプーの仕方が原因と言えそうです。

指の腹を使って頭皮をマッサージしてあげるようにシャンプーをし、また洗い流す時も十分な水量でしっかりと頭皮のシャンプーを洗い流しましょう。

一方、頭皮の皮脂が元で塩素のような気持ち悪い臭いが出ている場合は、注意が必要です。

皮脂が異常に分泌している原因として考えられるのは、まずシャンプーなどで頭皮にとって必要な皮脂まで落としてしまっていることがあります。

頭皮には一定の水分を保つために、ある程度の皮脂が必要なのですが、シャンプーによって必要な皮脂までが取り除かれてしまうと頭皮はそれを補うためにもっと多くの皮脂を分泌するようになるんです。

次に、日焼けや蒸れなどの外的要因も皮脂の分泌の原因となります。

紫外線によって頭皮が日に焼けてカサカサになったような状態になったり、帽子やヘルメットをずっとかぶり続けていると頭皮が蒸れて皮脂が過剰に分泌される原因となることがあります。

また、生活習慣の乱れによるホルモンバランスの悪化なども原因となります。

男性ホルモンが増えると皮脂の分泌も増えると言われており、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れがホルモンバランスを壊し、結果頭皮の皮脂の過剰分泌から臭いの原因となるのです。

こうした原因による臭いを取るのにはこれらを取り除く必要がありますので、その方法をご紹介します。

気持ち悪い臭いを取る方法

まず、シャンプーなどで皮脂を取り除きすぎていることが原因の場合は、洗髪の方法を変えましょう。

シャンプーを二度洗いすると泡立って気持ち良いのも分かりますが、これが頭皮の皮脂を取り過ぎてしまう原因です。

また、強力すぎるシャンプーを使用している場合も同様のことが言えますので、オーガニックシャンプーなど頭皮ケアを目的としたシャンプーに変えるのも良いでしょう。

外的要因が原因の場合は、日差しの下ではメッシュや麦わら帽子などの通気性の良い帽子を被ったり、日常的にヘルメットをかぶらなければいけないような仕事をしているのなら定期的にヘルメットを取り、頭皮の汗を拭うなどしてあげ、なるべく蒸れにくい環境を作ってあげてください。

そして、生活習慣の乱れが原因の場合は、食生活や睡眠時間など、規則正しい生活を心がけ、自律神経の正常化を図ると塩素のような気持ち悪い臭いを取ることができるかもしれません。

最後に

頭皮からの塩素のような気持ち悪い臭いを取る方法についてご紹介してきました。

頭の臭いは自分では気づきにくいですが、周りの人にとっては意外と気になるものです。

自分の頭皮が臭っているなと思ったらなるべく早く手を打つことをおすすめします!

【スポンサードリンク】