手湿疹で水泡ができてかゆい!

いったいなぜ手湿疹ができたのでしょうか?

原因は?もしかしてストレスのせい……?

手湿疹で水泡ができたときは、かゆいのはわかりますが、かかないようにしましょう。

焦らずに対処しましょうね。

やはり、まずは原因を知ることが大切です。

ストレスからくるものなのか、それとも何が原因なのか?

それでは手湿疹で水泡ができてかゆいときに、どこから調べれば原因がわかるのか、調べたことを書いていきますね。

誤った処方をすれば、ストレスはますばかりですので。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

【スポンサードリンク】

手湿疹の水泡の原因は?

手湿疹の水泡の原因は主に、炊事や洗濯などで石鹸や洗剤を頻繁に使う場合や、強い洗剤を使った場合、他にもストレスが挙げられます。

手湿疹の水泡は、「なんか最近指がかゆいなあ……」と思って書いているところに目をやったら、小さい水泡がたくさんできていた!なんてことで気づくようです。

手湿疹がひどくなる原因は、痒くてかきむしることです。

水泡ができるととても痒くなり、思わずかきむしってしまうのです。

すると、水泡が破け中から液がでて手湿疹の範囲が広がってしまう。

ひどくなる原因は自分自身にあるのですね。

【スポンサードリンク】

かゆい!これってストレスのせい?

手湿疹がかゆいのは、ストレスの問題も挙げられます。

ストレスはあらゆる病気に関係しています。大敵です。

ストレスが過剰に掛かってしまうと、まず何が起こるのかというと、自律神経の乱れです。

他にも様々な症状が現れますが、血行が悪くなるのもその一つです。

血行が悪くなると、どうなるか?

心臓から遠い体の末端部分に血が巡りにくくなります。

血液は栄養やエネルギーを運ぶという、重要な役割を持っています。

つまり、手に栄養が届かなくなり、すぐ治るはずの手荒れが修復されず、それが悪化して手湿疹になる。

なかなか再生されないために、ずっとかゆい……

ということが起こってしまうのです。

ストレスによって手湿疹につながり、かゆい!がずっと続いてしまうこともあるのです。

手湿疹になったときはどうすればいい?

もし手湿疹になってしまったら、まずはじめにやるべきことは「手を乾燥から守ること」です。

次に、「患部を絶対に広げないこと」が重要になってきます。

水を使う仕事では、必ずゴム手袋などをしてやるようにしましょう。

手湿疹になっているときは手が乾燥しているとき。

冷たい水は手湿疹の手には刺激が強いです。

なるべく直接手に水を当てないようにしましょう。

また、手湿疹にはゴムも刺激が強いです。

ゴム手袋の下に、布手袋をなどをつけることをおすすめします。

まとめ

手湿疹で水泡ができてかゆい!

その原因と、ストレスとの関係について調べたことを書いてきました。

手湿疹は主に水仕事でできます。

最近手がかゆいなぁと思ったときには、すでに水泡は出来ているかもしれません。

それをかきむしれば、余計に手湿疹は悪化します。

また、ストレスも手湿疹の原因になります。

手が荒れた状態でストレスを抱えると、血流が悪くなり、手先に栄養がいかなくなって手湿疹になる可能性があります。

あなたの手湿疹は、手の乾燥と、水仕事と、ストレスが原因かもしれません。

冬は特に肌荒れがひどくなりますから、気をつけてくださいね。

最後までよんでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】