最近どうも手のひらがしびれる……

しかも、左手の手のひらがしびれるときもあれば、右手の手のひらがしびれるときもあるし、どちらも同時にしびれるときも……

これは一体なんなのでしょうか?

手のひらのしびれは、もしかしたら病気のサインかもしれません。

あまり楽観的に考えようとせず、しびれの原因を調べたほうがよいでしょう。

それでは、手のひらがしびれる人のために、左手と右手でなにか原因が違うのかどうかも踏まえて、調べたことを書いていきます。

最後まで読んでいただければ幸いです。

【スポンサードリンク】

手のひらのしびれの原因

手のひらのしびれには、考えられる原因が3つあります。

それは、「神経の圧迫」「脊髄の障害」「糖尿病」です。

その中でも、手のどの部分がしびれるかによって原因が変わってくるのですが、手のひらがしびれる場合は主に「神経の圧迫」が考えられるのです。

神経の圧迫

まず、神経についてですが、神経は骨や筋肉や靭帯などの隙間をぬって、人体の各部分につながっています。

そのため、何かしらの原因によって神経の通り道がふさがり、圧迫されると神経に障害が現れるのです。

しびれと痛みとは深いところで関係があり、痛みが先にあって、そのあとしびれが起こります。

しびれがきてしまっている場合は、そのしびれの原因となっている症状がさらに進行する前に、早く手を打ったほうがよいです。

【スポンサードリンク】

手のひらのしびれは病気のサイン?

しびれは、体中のどこにでも起こるもの。

とくに神経が多い手先は、しびれをはっきりと感じることができる場所です。

もっとも感じやすい手のひらのしびれから、どんな病気の可能性があるか確認しましょう。

・一時的なしびれの場合
一時的にしびれて、すぐ治ってしまった場合、血行障害によるものの可能性が高いです。

正座をしたときに足がしびれてどうしようもない、アレですね。

また寝ているときの姿勢が悪いと、朝起きたときに体重がかかっていた部分がしびれた経験がだれしもあるかと思います。

これは、一時的に血行が悪くなったことが原因なので、心配することはないでしょう。

・しびれの部位によって原因が違う
しびれる場所によって、原因が分かることがあります。

ただし前提として、神経に関わることなので部位の特定は難しいということを頭にいれておいてください。

個々人の感覚よっても変わりますので、あくまで参考レベルにしてくださいね。

親指側半分のてのひらのしびれ
正中神経というところに障害がある可能性があります。

最も疑われる病気は手根管症候群です。

初期の段階や軽症であれば、人差し指と中指だけがしびれることがあります。

両手ともしびれる
もしかしたら、頚椎の疾患や胸郭出口症候群などの病気が可能性として考えられます。

手のひらのしびれ、左手と右手で違うのか?

それでは、手のひらのしびれは、左手と右手で原因が違うのでしょうか?

右手をよく使うか、左手をよく使うかでしびれる手が変わる、ということはわかりましたが、左手と右手の手のひらのしびれの違いで病気の原因がわかるような確かな文献や記述はありませんでした。

現時点では、手のひらの右手と左手で、病気を判別することはできません。

まとめ

手のひらのしびれは、左手と右手で違うのかを踏まえて、調べたことを書いてきました。

人の手のひらは器用で、かなり複雑な動きができます。

力強く何かをつかむこともできれば、糸を針の穴に通すような繊細な仕事もできてしまいます。

つまり、つながっている神経は多く複雑であるということ。

その力強く繊細な左手と右手の手のひらのしびれから、病気のサインを読み取ることができます。

左手と右手にしびれを覚えたら、注意深く体を観察してみましょう。

最後までよんでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】