春はたけのこの季節ですね!煮たり焼いたり様々な料理にも使用されますね。

ついつい食べ過ぎてしまいそうな、たけのこですが、カロリーや栄養素はどんな感じなんでしょうか?

たけのこを食べ過ぎてしまうのは健康に良くないよと
ほどほどに食べるように!と祖母から言われたことがあります。どうしてなんでしょうか?

今回はたけのこの栄養と食べ過ぎてはいけない理由を調べてみました!ぜひ参考にしてください!

【スポンサードリンク】

たけのこの栄養素とカロリーについて①

たけのこにはどのような栄養が含まれているのか見ていきましょう。

(100グラム)
・カリウム 470mg
・食物繊維 6.6g
・ビタミンB2 0.09mg
・ビタミンB1 0.04mg
・カルシウム 17mg
・チロシン
・葉酸 46μg
・たんぱく質 3.5g

これといって目立った栄養がありませんが、しいて言うならばカリウムと食物繊維が多いことくらいですかね。

カリウムは体内のナトリウムを排出する役割がありますので、塩分を摂りすぎてしまった日や、高血圧の方に摂取して頂きたい栄養素です。

食物繊維は食べ過ぎないで適量を取れば、便秘改善に効果があります。腸内の老廃物や発ガン物質、動脈硬化の原因になるコレステロールなどの有害物質を吸着し、体外へ排出させる役割があります。糖質の吸収を抑える効果もあります。

カロリーはどのようになっているのでしょう?

【スポンサードリンク】

たけのこの栄養素とカロリーについて②

お湯で茹でたたけのこのカロリーは、100gあたり30Kcalです。

たけのこの土佐煮は、鰹節やだし、砂糖、みりん、醤油などを使ってたけのこを煮込んだ料理です。100gあたり56.8Kcalで、1人前の125gだと71Kcalとなります。

たけのことわかめを、醤油やだし、砂糖、酒などで煮込んだ若竹煮は、100gで24Kcal、1人前の271gで65Kcalとなります。

同じく煮物料理である筑前煮は、1人前が249Kcalなので、煮物料理の中ではヘルシーと言えますね!たけのこ以外にも野菜が使われているので栄養も採れます。ヘルシーだからと言って食べ過ぎは注意ですね!

たけのこを食べ過ぎるとどうなる??

たけのこを食べ過ぎるとどうなるのかも調べてみました。

たけのこにはアレルギー反応を誘発するアセチルコリンという成分が含まれています。

アレルギー体質の方、体調によっては重症化することもあります。たけのこを食べて喉がイガイガしたことのある方はもしかしたら軽度のアレルギー反応かもしれません。気をつけてくださいね。

それから、たけのこにはシュウ酸が多く含まれています。

シュウ酸といえば尿路結石の原因となることでよく知られている成分なんです。

ですので、過剰に食べ過ぎたり、毎日毎日食べ続けたりすると体内で尿路結石ができてしまう可能性がありますので、食べ過ぎないように気をつけましょう。

また、タケノコに含まれる食物繊維は摂取しすぎると便秘になってしまうこともあります。

美味しいたけのこですが、ついつい食べ過ぎてしまうと体にあまり良くない起きることもあるようなので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

春になると美味しいたけのこですが、栄養素やカロリーなどを見ても問題なさそうですが、沢山食べすぎると体に良くないことがわかりましたね。

私もたけのこが大好きですので食べるときには食べ過ぎないように気をつけたいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】