「これまで家計を支えてくれた父親へ退職祝いをあげたい!」

そう思っているあなたは、親孝行な素晴らしい人です。

もうその気持ちだけで父親は十分嬉しいはず。

でも、どうせなら「退職祝い」という形にして渡して、お祝いしたいですよね。

使える金額は「いくらでも!」というわけにはいきませんが、安すぎるのもどうかと思う…

考えていくと、父親の退職祝いに使う金額って、相場はどれくらいなんだろう?

という問いに行き着きます。

退職祝いに相場なんてあるんでしょうか?

それでは、良いものをあげたい、お祝いしたい、という気持ちが伝わるくらいの金額はどれくらいなのか?

世の中の相場はどれくらいなのか?

父親が退職祝いに欲しいものって?

調べたことを書いていきたいと思います。

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

父親の退職祝いについて

まず、退職祝いを選ぶにあたって、父親の退職する時の心境について想像してみましょう。

サラリーマンとして約40年、一つの会社に勤めてきたあなたの父親。

辛いことも苦しいこともあったでしょう。

嫌な上司の言うことを聞かなければならないという、会社を辞めたくなるような状況もあったかもしれません。

でも、家族ができて、あなたという子供が生まれ、家族を守るために必死に働きました。

嫌な思いをしても、家族の笑顔を思い出し、我慢して働いていたこともあったかもしれませんね。

あなたが成長し、あまり手が掛からなくなってからは、今の仕事や退職した後のことを考える時期もあったかもしれません。

あなたの父親は、どんなことに興味がありますか?

退職したら真っ先にやりたいと思っていることは何でしょうか?

退職祝いは、あなたの父親が第二の人生を活き活きと過ごすアイテムが良いですよね。

父親の普段の行動や、テレビを見ていて興味を示すものを観察し、どんな退職祝いが良いか考えてみましょう。

【スポンサードリンク】

世間の相場金額は?

退職祝い、どんなものがいいか見えてきましたか?

それでは、退職祝いの相場金額を見てみましょう。

職場の上司が定年退職する場合の相場金額は、一般的に5,000円~10万円と言われているようです。

でも、父の定年退職となると、実はなかなか相場金額がはっきりしないのが実情のようです。

「一般的な相場は1万円から2万円前後が多い」

「贈り物を渡す会を開くときに1万円前後使うから、だいたい2~3万円かけてお祝いをする」

という感じが多いという情報はありましたが、「相場金額なんてない」という情報がほとんどでした。

上で想像した父親が第二の人生を活き活きと過ごせる退職祝いであれば、金額はいくらでもいいということです。

あなたにしかわからない、あなたらしい選択をして、父親の門出を祝ってあげましょう。

まとめ

父親の退職祝いの相場金額について見てきました。

相場金額は、1万円から2万円というのが多いようですが、金額は関係ありません。

退職祝いは、父親が第二の人生を活き活きと過ごせるアイテムであれば、どんなものでもいいのです。

そして、あなたからの父親への「お疲れ様」という気持ちや「愛情」がこもっていれば大丈夫です。

子供からもらう退職祝いはなかなか感慨深いものでしょう。

相場金額など気にせず、あなたらしい贈り物をしてあげてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】