Tシャツを乾燥機にかけたら縮んでしまった!という経験をしたことがある人は多いでしょう。

乾燥機は便利ですが、洋服が縮むのは嫌ですよね。

でも、時間がないときは乾燥機を使いたい、縮むのも仕方がない、と思っていませんか?

なんと、乾燥機で縮んでしまったTシャツなどを、元に戻す方法があるのです。

乾燥機でTシャツが縮む原因とともに、縮んだTシャツを元に戻す方法をお教えします。

【スポンサードリンク】

どうして乾燥機にかけるとTシャツが縮むの?

Tシャツをはじめ、洋服はいろんな素材が使われています。

素材の繊維を編み込んで生地を作り、それが洋服になっていきます。

しかし、乾燥機にかけると、この繊維の目が詰まってしまいます。

繊維の目が縮むということは、生地そのものも縮むということ。

これが、乾燥機にかけるとTシャツが縮む原因なのです。

乾燥機の熱で繊維の並びが悪くなり、その結果洋服が縮みます。

乾燥機に入れてTシャツが縮んでしまうのは、仕方のないことなのです。

【スポンサードリンク】

縮んだTシャツを元に戻すにはどうしたらいいの?

縮んでしまったTシャツ。諦めてしまうのは嫌ですよね。

一度縮んでしまったTシャツですが、元に戻すことができるのです。

やり方も簡単なので紹介しますね。

まずは、洋服が入る大きさの桶を用意します。

そこに、コンディショナーを入れます。

コンディショナーは「ジメチコン」という成分が入っているものを使ってください。

ジメチコンが入っているコンディショナーを桶にたっぷり入れ、そこにTシャツを30分ほどつけます。

そのあとよくすすいで、陰干しします。

干すときは元の大きさの型などを用意して干すと効果的です。

引っ張ってしわを伸ばして干すのも大事です。

日に当たると熱が当たって意味がないので必ず陰干しすることを守りましょう。

たったこれだけで、不思議なことにTシャツが元に戻るんです!!

注意したいのは、化学繊維には効果がないということです。

洋服のタグなどをよく見て、この方法ができるか確かめてから行ってください。

乾燥機でもなるべく縮むのを防ぎたい!

元に戻す方法はわかりましたが、出来れば乾燥機でも縮むのを防げたらいいですよね。

これま、まず自宅の乾燥機の説明書をよく読んで、正しい使い方をすることが大事です。

そして、ボタンやファスナーなどはきちんと閉めて、洋服を裏返して乾燥機に入れる。

きちんとしわを伸ばしてから入れる。

脱水はできるだけ行って、乾燥機に入れる時間を短くする。

これらのことに注意すれば、乾燥機でTシャツが縮むのを軽くすることができますよ。

それでも、どんなに気を付けても乾燥機は縮むと考えて、出来たら自然乾燥をしたいものです。

ちなみに、乾燥機の中でもヒートポンプ式のものは比較的縮みにくいそうです。

あまり熱を使わないで乾かすことが大事だということですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

乾燥機で縮んでしまったTシャツを元に戻す方法を調べてみました。

乾燥機ではどうしても縮むことは避けられませんが、縮んでしまった大事なTシャツには、ぜひ試してみてください。

縮むのが嫌だったら、自然乾燥か、いっそクリーニングに出すのもいいですね。

大事なTシャツが縮むのは避けたいので、乾燥機でも縮みにくい方法を試してみてください。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】