食道の違和感で熱い物を飲み込んだ時に違和感を覚えるといった症状を経験したことはないでしょうか?

食道の違和感や痛みがあっても病院で何科にかかれば良いか分からないことが多いですよね

さらに痛みがあると気になりますよね。

炎症を起こしている可能性があります。

今回は食道で起こっている違和感や痛みを感じる症状等についてご紹介します。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

食道に違和感を覚えるとき

日々の生活で、食道の違和感や、繰り返されるゲップの症状から考えられる病気として、逆流性食道炎、非びらん性食道炎が考えられます。

生活習慣の改善だけでなく、薬による治療も必要となりますので、最寄りの消化器内科でみてもらうことが大切です。

最近食べ物が喉を通りにくいとか何かが引っかかっているような違和感があった場合、何らかの原因が考えられます。

考えられるのは逆流性食道炎、非びらん性胃食道、難治性逆流性食道炎などがありますが、病院に行って検査をしてもらっても異常が見られない場合でも、食道の違和感にはストレスや不安などで症状が出る場合があるので気をつけましょう。

その場合は原因となっているストレスや不安を改善していく必要があります。

【スポンサードリンク】

食道に痛みを感じるとき

胸に痛みがある、物を飲み込もうとすると詰まる感じがする、気になる症状ですね。

これらは食道の炎症が原因で起こっていると考えられます。

口から飲みこんだ物の通り道である食道は、何かと刺激を受けやすい場所でもあります。

一般に食道炎といえば逆流性食道炎を示していることが多く、今回は逆流性食道炎を中心に各食道炎の症状と対処法について説明していきます。

逆流性食道炎は、胃から食道に胃の内容物が逆流して起こる病気です。

日本人にはもともとあまり見られない病気だったのですが、発症する人が年々増えてきています。

胃の中に入っている胃液は、胃粘膜から分泌される塩酸と消化酵素等で構成され、胃液はpH1~1.5と強酸性ですね。

そのため胃液が食道の粘膜に触れると、酸の刺激や消化酵素のはたらきによって、びらんただれや潰瘍が起こります。

逆流性食道炎の3大症状と呼ばれる、以下のような症状がみられるようになります。

胸やけ、どんさん、嚥下障害です。

胸やけとは、みぞおちから胸にかけて焼けつくような痛みを感じる症状のこと。

胃液によって食道の粘膜が傷つくために起こります。じりじりといった痛みです。

逆流性食道炎の胸やけは食後に起こりやすいのが特徴です。

どんさんは、酸っぱい液体が喉にこみあげてきたり酸っぱいげっぷが出たりする症状のことです。

これは、胃液が口の方まで上がってくるために起こっています。

食道に痛みや違和感を感じるときの原因について

食道炎の種類と対処法について説明していきます。

食道の粘膜がなんらかの刺激を受けて炎症を起こしてしまう病気を総称して食道炎といいます。

場合によっては痛みや違和感を生じます。

食道は喉頭と胃をつなぐ長さ約25㎝の輸送管です。名前の通り食べ物の通り道になっている場所ですね。

食道の入り口には上部括約筋、食道と胃の境目には下部括約筋があります。

食道はこれらの筋肉を使ってぜん動したり胃の入り口をゆるめたり締めたりしながら、食べ物や飲み物を一方通行で胃に送りこみます。

このように食道は食べ物や飲み物、口から飲み込んだなどさまざまな物質と直に触れる機会が多いため、刺激を受けて粘膜に炎症が起こりやすく痛みや違和感につながります。。

いかがだったでしょうか?

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】