足のすねだけにかゆいと感じてしまうことはよくありますね、冬よりも夏に多いと思います。

気づいたらすねをかいていたという方も少なくないはずです。

すねがかゆくなる原因はさまざまで場合によっては思わぬ病気が隠れている可能性も考えられます。

そこで今回はすねがかゆい原因や病気を中心にお伝えしていきます

夏と冬とでの足のすねのかゆさの違いについて考えていきたいと思います。

特徴や治し方についてご紹介します。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

足のすねがなぜかゆいのはなぜ?

年とともに足のすね皮脂の分泌が少なくなるというのが大きな原因ですね。

空気の乾燥や、洗剤やお湯の刺激、摩擦などによって、皮脂膜が取れ、角層がダメージを受けると、バリア機能が低下し、うるおいが失われて乾燥してしまいます

冬場にかゆいと感じるのがひどくなるのは空気が乾燥するからです。

夏場にかゆいと感じる原因として考えられるのは、エアコンの使用による室内の空気の乾燥です。

エアコンだけでなく、扇風機の風も同様で、風に当たると、その刺激で足のすねの皮膚の水分が失われます。

次に、紫外線もお肌には悪影響です。紫外線は肌にダメージを与えるので、紫外線対策をきちんと行いましょう。

あと生活習慣 特にお風呂の時に気を付けないといけません

熱いお風呂やシャワー、長時間の入浴は乾燥の原因になります。ぬるま湯で短時間の入浴を心がけ、入浴時など、肌をこすらない。

刺激の少ない洗浄剤で身体をやさしく洗うという入浴習慣が大切です。

もちろん、お風呂上がりのケアもポイントです.

【スポンサードリンク】

夏と冬ではなにが違う?

足のすねにかゆみを感じる原因で一番多いのが乾燥です。

すねは皮下脂肪が少なく他の部位と比べて乾燥しやすいのです。

特に冬は夏と違って乾燥して肌内部の水分が減ってしまうと、それに伴い肌のバリア機能も低下してしまいます。

このように肌のバリア機能が低下している状態で外部から刺激を受けるとかゆみを感じてしまうのです。

特に冬は夏と違って暖房の使用などで部屋の空気がとても乾燥していることが多いので注意しなければなりません。

また、かゆいからといってすねをかいてしまうと肌が傷ついて炎症を起こしてしまいます。

患部を氷水などで冷やすことも効果的です。

冷やすことにより炎症作用が抑えられるのでかゆみもひいていきます。

このようにできるだけかかないように対処していきましょう。

かゆいと感じないための対策

かゆいと感じて掻いてしまうとバリア機能が余計に壊れてしまうので悪化させてしまいます。

傷口から細菌が繁殖し化膿してしまうこともありますので、早めに皮膚科に行きましょう

予防には入浴がポイントです。

ナイロンタオルでこすりすぎるというのは言語同断、摩擦で皮膚がいたみます。

石鹸を手のひらで泡立てて、手のひらで優しく体を洗いましょう。

体を洗った後、石鹸はきちんと洗い流しましょう。

最近のボディソープは乾燥肌に優しいものが多くでています

お湯が熱いと肌がかゆくなるので、ぬるめにしましょう。

入浴剤は保湿性が高く、肌に刺激の無いものを選びましょう。

入浴後、濡れた体はしっかり水分をふきとり、すぐに保湿剤を塗りましょう。

強いもの食べ物もとりすぎないようにしましょう

今回は足のすねがかゆい原因や対処法、病気の可能性についてお伝えしました。

基本的には、肌の乾燥やダメージの蓄積が原因であることが多いです。

すねにもクリームを塗るなどしてしっかりと 皮膚のケアを日ごろからしておくことが大切ですね。

【スポンサードリンク】