睡眠が浅いのは「いびき」が原因、っていうイメージありませんか?

「いびき」とは睡眠中の異常呼吸音のこと。睡眠が浅い人って自分のいびきがうるさくて眠れないからでは…なんて思ってしまいます。

今は、いびきは無呼吸症候群の前段階という認知が広まり、関心が高まっています。

いびきにも、睡眠が浅いことにも、困っている方は多いのではないかと。

そこで、どうすればいびきを治すことができるのか?

いびきを治せば睡眠不足は解消されるのか?

調べましたので参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

いびきの原因

先ほども書いた通り、「いびき」は睡眠中の異常呼吸音のこと。

ノドと鼻の空間が狭くなり、振動が発生するために起こる音です。

いびきをかく原因はいくつかあります。

肥満・・・首の脂肪が多い場合、横になると脂肪が空気の流れる空間が狭くなり、振動を発生します。

全身の筋肉が弱っている・・・運動不足、たくさんお酒を飲んだ時、極度に疲労した場合など、全身の筋肉が緩んでしまい、空気の流れる空間が狭くなっていびきになります。

鼻づまりの病気・・・アレルギー性の鼻づまりは、鼻の中が腫れてしまう病気です。腫れて肥大すると、いびきになります。

【スポンサードリンク】

睡眠が浅い原因は「いびき」?

いびきは無呼吸症候群の前段階と言われています。

眠っているとわかりませんが、呼吸が不規則になったり、ひどい場合は睡眠中に息が止まってしまうこともあります。

一人暮らしの人は自分がどんな風に寝ているか、いびきをかいているのかどうかなんてわかりませんよね。

「どうも最近睡眠が浅いなあ…」「なんだか昼間の頭痛がひどいな…」と思ったなら、いびきによって睡眠が浅くなっているサインです。

あなたの睡眠が浅い原因の一つとして、いびきを疑ってみてください。

いびきをなくして睡眠不足を解消する方法

あなたの睡眠が浅い原因の一つは、いびきによる可能性が高いです。

では、どうすれば解消することができるでしょうか?

1.まずはいびきをかいているかどうかを知る

誰かと一緒に住んでいる人は、観察してもらいましょう。

一人暮らしの人は、面倒でもボイスレコーダーやカメラなどをセットし、自分自身を観察することをお勧めします。

最近はスマホのアプリでいびきをチェックできるものもあります。

2.アルコールを控える

アルコールは筋肉の緊張を緩め、空気の通り道を狭めるので、過度の摂取はいびきを引き起こす原因になります。

自分のいびきが酷いことが分かった人は、まずは自分のアルコール摂取量を確認し、飲み過ぎに注意しましょう。

3.横向きに寝る

仰向けに寝ると、いびきをかきやすくなります。枕やクッションなどを背中側に置き、なるべく横向きに寝るようにしましょう。

4.鼻腔を広げるテープを使う

マラソンランナーがよく使っているのを見かけます。鼻腔を広げるテープを貼るといびきに効果が有るという結果が出ています。

5.適度な運動をする

慢性的な運動不足の人は、寝ている時の筋肉の緊張が緩くなり、いびきをかきやすくなります。

肥満の自覚のある方は、適度な運動をすると脂肪が減り、筋肉の緊張も高まるために、いびき軽減に効果的です。

まとめ

睡眠が浅いのはいびきが原因です。

そして、いびきは無呼吸症候群の前段階。下手をすると命を落とす危険もあります。

最近「睡眠が浅い…」と感じている方、昼間に急に強い眠気に襲われる方、頭痛がひどい方は、一度いびきを疑ってみましょう。

自分のいびきがひどいことが分かったら、軽く考えずに病院の先生に相談することをオススメします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【スポンサードリンク】