「仕事が忙しくて家に帰るのが遅くなっちゃった。でも朝はいつも通りの時間に出発しなきゃ。」

そんなときに限ってよく眠れない…何てことありませんか?

睡眠の質は人生の質とも言われます。

人生の質を高めるために、睡眠の質を向上させる必要があります。

睡眠時間がいつもより短いときこそ、睡眠の質を向上させる・高めるチャンスです。

それでは、睡眠の質を高める方法について調べたことをまとめてみます。

読んでいただけたら幸いです。

【スポンサードリンク】

睡眠の質が悪いときの状態

睡眠の質が悪いと感じるとき、体や脳では一体どんなことが起きているのでしょうか?

睡眠の質は、ズバリ交感神経と副交感神経の働きによって決まります。

交感神経は「闘争の神経」とも言われています。

交感神経が優位に働いているときは、脳が冴え、活動的になっている状態。

激しい活動ができる戦闘態勢に入っている状態です。

つまり、寝る前に交感神経を優位にしてしまう行動をすると、睡眠の質は悪くなるということです。

例えば、寝る直前に

・ご飯を食べる

・カフェインが入っている飲み物を飲む

・激しい運動をする

・熱いお風呂に入る

・お酒を飲む

などの行為をすると、交感神経が優位になり、睡眠の質は下がるのです。

【スポンサードリンク】

睡眠の質を向上させるためには?

それでは睡眠の質を向上させる方法について書いていきます。

交感神経が活発に働いていると、体や脳の活動が活発になり睡眠の質は悪くなることがわかりました。

では副交感神経が優位な時は、どうでしょうか?

副交感神経は、「リラックスの神経」です。

脳も体も休息モード、活動が低下している状態です。

人間は休息したい・回復したい時に、無意識に副交感神経が働き始めるようにできています。

つまり、睡眠の質を向上させるためには、寝る直前に副交感神経の働きがマックスになっていればいいということです。

「睡眠の質」=「人生の質」を高める具体的な方法

寝る直前に副交感神経の働きを高めるために、睡眠の質を向上させるために、具体的にどんなことをすればよいのでしょうか?

通常ですと、夜になればリラックスモードに入るためのメラトニンという物質が自然に出るようになっています。

ですが、仕事や人間関係のストレスで緊張状態を引きずっていると、うまく副交感神経に切り替えができず、睡眠の質が落ちてしまいます。

睡眠の質を高めるためには、ストレスを減らしたり解消したりすることがまず第一。

つまり睡眠の質を向上させることは、人生の質を高めることにもつながるということです。

具体的に何をすれば良いかというと、キーワードは「深呼吸」「好きな音楽」「笑う」の三つです。

深呼吸:特に吐くことに意識を集中させることが大切です。息を吐くことは副交換神経を優位にさせます。鼻から吸った息の2倍くらいの量を吐くように深呼吸をしてリラックスしましょう。

好きな音楽:好きな音楽を聴くと副交感神経が優位になり、リラックスできます。

笑う:心から笑うとリラックスすることができます。お笑い番組や動画や漫画など、なんでもいいのでバカ笑いすることは副交換神経を優位にするために効果的な方法です。

まとめ

睡眠の質を向上させ、人生の質を高めるために知っておきたいこと。

それは、交感神経と副交感神経の働きと、副交換神経を優位にする「深呼吸」「好きな音楽」「笑う」でした。

睡眠時間がなくて焦ってしまう時こそ、リラックスするためにどんな行動をするかが大切になってきます。

睡眠の質を向上させ、人生の質を高める方法がわかってきましたね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】