結婚式の持ち物に“サブバッグ”を持つ女性が増えています。

結婚式といえば、必要最低限の手荷物だけをパーティバッグに入れるのが一般的ですが、近年はいろいろと持っていきたいものも増え、特に女性はすべての荷物をパーティバッグに収めるのは大変ですよね…。

そんな時、はみ出てしまった荷物を入れることができる“サブバッグ”はとても便利なアイテムです。

そこで、結婚式の女性の持ち物をスマートに見せるサブバッグについてみていきましょう。

【スポンサードリンク】

結婚式の持ち物は“サブバッグ”で素敵な女性へ

結婚式の持ち物を持っていくとき、女性はサブバッグがあるととても便利です。

メインのパーティバッグだけでは、容量オーバーですべての荷物を入れるのはかなり厳しいですよね。

その点サブバッグがあれば、メインのパーティバッグの中に必要最低限のものを入れて、そのほか入らないものをサブバッグに入れることができます。

結婚式や披露宴の際には必要のないサブバッグをフロントに預けることもできますし、式場内に持ち込むこともできるのでとても便利です。

持ち込む場合のことを考えて、サブバッグはメインバッグに合わせた色やフォーマルで上品なデザインを選ぶようにしましょう。

【スポンサードリンク】

結婚式の女性の持ち物を入れる“サブバッグ”はどんなものが良い?

結婚式に持ち物が多くなってしまう…女性ならではの悩みがありますよね。

そんなお悩み解消するのが“サブバッグ”です。

結婚式にふさわしいものにすると、サブバッグといえどもダサくならずに素敵にみせることができます。

そんなサブバッグですが、具体的にどんなものが良いのでしょうか?

①カラーは?

・ブラック/ネイビー

・ベージュ/ゴールド

・グレー/シルバー

大きく分けて、この3種類の色を基準に選ぶといいでしょう。

中でもブラックやネイビーは冠婚葬祭には何にでも使用しやすい色ですので、一つは持っておくと便利です。

服装の色に合わせて、メインバッグよりも目立たせないように少し控えめにすると良いでしょう。

②素材は?

色であまり主張させない分、素材は上品で華やかさがあるものを選びましょう。

女性らしいレースを使ったデザインや、光沢感があるサテンシャンタン素材がオススメです。

ドレスの素材と合わせても統一感があって良いでしょう。

あくまでフォーマルを意識することが大切です。

また、綿や麻素材、ショップバッグのようなものはNGですので、要注意です。

③形・サイズは?

形は、A4サイズが入る程度のトートタイプがオススメ。

パーティバッグとは違い、あまり主張しないようなデザインで、使いやすいものにしましょう。

また、マチ付のものは荷物がすっきり入るので便利です。

結婚式の女性の持ち物は“サブバッグ”を活用しましょう!

結婚式で女性の持ち物は多くなってしまいますがサブバッグを活用することで、すっきりさせることができます。

ついサブバッグがあると安心して多く持っても平気と思ってしまいますが、まずは何が必要かを考えて、なるべく必要のないものは持って行かないというのが大切です。

サブバッグにぎゅうぎゅうに荷物を詰め込んでいるのはとても素敵な女性…とは言えませんよね。

また、サブバッグは結婚式以外にもちょっとしたパーティや法事など使用できる機会もあるので、これを機に買っておくととても重宝しますよ!

ぜひ、皆さんも素敵なサブバッグを活用して、結婚式を楽しんでくださいね。

【スポンサードリンク】