ストレスは様々な症状を引き起こします。

ストレスが原因でおきる症状の一部に腹痛が挙げられます。

腹痛はいろいろな原因から起こるので対処に困りますが、今日はストレスからくる腹痛に対処するために研究を進めてみました。

思い当たるフシがあったら是非参考にしてください。

【スポンサードリンク】

ストレスによっておこる腹痛の症状

慢性的な下痢や腹痛を繰り返す症状はストレスのたまりすぎからくる症状の一つです。

脳がストレスを感じるとおなかが異常を起こしてしまうこの症状は過敏性腸症候群と呼ばれています。

過敏性腸症候群は下痢や便秘、腹痛を繰り返し、自分自身でも軽視しがちですが、

ほっておくと自律神経失調症や鬱などに発展してしまうこともあるようです。

胃痛、嘔吐、胸やけがひどい場合は胃潰瘍が考えられます。

胃潰瘍とは胃酸が食事をうまく消化することができず、胃の粘膜を消化して、胃壁がただれてしまう病気です。

胃潰瘍になると食事をした後に特に症状がひどくなりますが、症状が進行すると出血することがあります。

【スポンサードリンク】

ストレスへの対処が一番の対処法

過敏性腸症候群や胃潰瘍などの症状はストレスによっておこるものですので、ストレスを軽減することが一番の対処法なのです。

まずは生活のリズムを整えてみることをお薦めします。

基本的なことですが、睡眠は十分か、食事をちゃんととっているかなどをちゃんとチェックしてみることです。

栄養分のある食事をとることによってストレスに対する耐性を強くできます。

ビタミンB群、ビタミンC、たんぱく質、カルシウム、マグネシウムをバランスよくとることをお薦めします。

ビタミン類は鶏肉やレバーなどに多くあるとされ、またナッツなどにも含まれています。

野菜などにはビタミンB群の他、ビタミンCも多く含まれるので、多めにとるようにします。

ヨーグルトや納豆などを上手に取り入れることも腸内のリズムを整えるのでいいとされています。

これらすべてをとることが難しい場合はサプリメントでとることもできます。

コーヒーやアルコール類、たばこなどの摂取は、ストレスを解消する一部の方法ですが、できるだけ控えたほうがいいかもしれません。

一日のうちにウォーキングや軽いジョギングや運動を取り入れることも腸内のリズムを整えるので試してみる価値があります。

最後にストレスになっているものが何かを知ることもストレスを軽減させる対処法の一部です。

人間関係、仕事からのストレスなど、現代社会はストレスと闘うことを余儀なくさせます。

ストレスの原因がわかったらそこからどう対処していくべきかを考えてみることです。

最後に

いかがでしょうか。

ストレスによる腹痛は日ごろから生活環境を整えておくことで、対処することができます。

あんまり症状がひどい場合は消化器科にかかることをおすすめしますが、生活のリズムを見直すだけでもストレスは軽減されます。

上にあげた対処法はどれも簡単にできることなので、ぜひ試してみてください。

【スポンサードリンク】