不審者がつきまといをしてくる…。

怖いですよね。

最近はつきまといをしていた不審者が殺人事件を起こしたなんて話も珍しくありません。

このようなことにならないためにも、つきまといにどう対策するか、不審者にどう対応するかは重要です。

今回は不審者のつきまといにたいしてどんな対策があるか、どう対応すべきかをお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

つきまといをする不審者への対応の注意点

つきまといをしてくる不審者への対応は注意点があります。

対策を取る前に、しっかり身に着けておきましょう。

間違った対応をしてしまうとよりひどい状況になってしまう恐れがあるので要注意です。

間違った対応の代表例が「連絡先や住所を変える」です。

つきまといをされていると真っ先に思いつく対策として引っ越しや電話番号やアドレスの変更が思いつくでしょう。

しかしこの対策は間違っています。

つきまといをする不審者は対象に強い執着心を抱いており、一方的に関係を切ればどうにかなるものではありません。

むしろ拒絶されたという事実に逆ギレしたり、居場所を突き止めてさらにしつこくつきまといをしてくる可能性が高くなります

第三者の力を借りて引っ越したり、連絡手段を断つのも危険です。

不信者の怒りの矛先が向けられる可能性があるので要注意です。

またいきなり警察に相談するのも逆効果になることが多いです。

最近はストーカー規制法により、警察も協力的になってはくれますが、つきまといの証拠がないと警察は動いてくれないことが多いです。

事件性がなければ「民事不介入」といって警察は市民間の問題には介入できないのです。

証拠も何もないのに警察に相談しても効果がないどころか、かえって不審者の怒りを買う恐れがあります。

つきまといをする不審者は総じて思い込みが激しいもの。

逆上されるよりも丸く収める対策を取るようにしましょう。

【スポンサードリンク】

不審者のつきまとい対策

不審者のつきまとい対策で重要なのは「相談」と「証拠集め」です。

自分で判断して下手な対応はせず、まずは友人や家族に相談しましょう。

しかしうかつに友人や家族を矢面には立たせると逆効果なので注意してください。

友人や家族と協力を得たうえでやる対策は「証拠集め」です。

先程もお伝えしましたが、警察は証拠がなければ動いてくれません。

まずは友人や家族と一緒につきまといをしてくる不審者の映像を取ったり、無言電話やいたずらメールを保存しておくようにしましょう。

証拠はあればあるだけ信ぴょう性が高まるので、ある程度量をそろえておくと有効です。

警察が動いてくれれば、ストーカー規制法に則って対応してくれます。

証拠に自信がなければ警察ではなく探偵社に対応をお願いする方法もあります。

探偵社は警察とは違いますが、調査のプロなので適切に対応してくれます。

しかしそれなりに高額な場合もあるので、信頼できる探偵社はよく調べておきましょう。

自分でやることは相談と不審者の証拠集めです。

つきまとい対策は自分一人で対応せず、警察などのプロにやってもらうように心がけましょう。

最後に

不審者のつきまといは対応を間違えると恐ろしい事件に発展する恐れがあります。

一般的には連絡先を変えるなど、不審者を遠ざける対策が有効とされていますが実際は逆効果です。

一番有効な対策は証拠集め。

不審者のつきまといの証拠をなるべく多く集め、当人に対してはプロに対応してもらうようにしておきましょう

【スポンサードリンク】