スタバではタンブラーやマグカップの持ち込みが可能です。

とはいえ、あまり見かけないので、エコにつながることはしたいけど、持ち込んでも頼み方をどうしていいか分からないという方も少なくありません。

ここでは、タンブラーを持ち込んだ場合の頼み方についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

スタバにタンブラー持ち込み時の頼み方

スタバで売られているタンブラーのほかに、他社のタンブラーやマグカップでも持ち込み可能です。

頼み方は、注文時にタンブラーを出して「タンブラー(マグカップ)にお願いします」と伝えるだけでOK。

頼み方が分かればもう大丈夫ですね。

さらに、タンブラーやマグカップを持ち込みすると20円引きになります。

これは嬉しいですね。

冷めないようにゆっくりコーヒーを飲みたい方、頻繁にスタバでコーヒーを飲む方や、長時間過ごしてお代わりをする方などは、タンブラーの持ち込みがオススメですよ。

ただ、スタバのコーヒーのサイズは、一般的な他のコーヒーショップより若干量が多めです。

一番小さいショート(Short)で240mlですので、一般的なマグカップ1杯分の量です。

また、ショートのみアイスコーヒーの場合300mlとなりますので注意が必要です。

他社のタンブラーなどを持ち込んでトールサイズ以上のコーヒーを頼む時は、店員さんに確認しましょう。

スタバに売られているタンブラー

スタバでは、いろいろな素材、デザインのタンブラーが売られています。

サイズも、ショート、トール、グランデ、ベンティと注文時のサイズに合わせて用意されています。

ただし、地域限定デザインなどはトールサイズのみとなっています。

プラスチック製のタンブラーは軽くて手軽ですが、中身が入った状態で傾けるとこぼれます。

飲みかけのまま、もしくは洗わずに鞄に入れることがあるような方はきっちり閉まるステンレス製の方がオススメです。

スタバでタンブラーを購入すると、1杯無料になる「コミューターマグクーポン」がもらえます。

このクーポンは、購入時に使ってもいいですし、後で使っても構いません。

持ち込みはいろいろとお得なのですね。

スタバのタンブラーを持ち込み時の裏技

外でタンブラーを利用してコーヒーを飲んだ場合、洗ってから持っていくべきなのか迷いますよね。

自分で洗って持っていければ良いのですが、持ち歩いていた場合、洗う場所がないということもあるでしょう。

そんな時の頼み方ですが、スタバの店員さんにお願いすれば、しっかり洗ってくれます!

店内にタンブラーを持ち込み、飲み終えた後も同様です。

また、アイスコーヒーの頼み方としては、「氷少なめ」で注文すればワンサイズ下のサイズと同量になります。

一般的なプラスチックの容器より氷が溶けにくいので、「氷少なめ」という頼み方で、少し多めのサイズを購入することができます!

最後に

いかがでしたか。

いろいろなコーヒーショップでタンブラーを出していますが、スタバのタンブラーはパッキンが優秀なので、なかなか使い勝手も良いものです。

デザインもシンプルですので、スタバだけではなく、日常的にも利用できます。

しかも20円引きになる優れもの。

ちなみに、エクセルシオールカフェ(20円)やタリーズコーヒー(20円)、上島珈琲(50円)など、他のコーヒーショップでもタンブラー持ち込みによる割引があります。

頼み方が分かれば、もう怖いものはなし!

ぜひ活用してみてくださいね。

【スポンサードリンク】