急いでいたあまりうっかりスピード違反をして罰金を払うはめに…。

車を運転している人にとってスピード違反はやりがちな失敗です。

ただ、いくらスピード違反したからといって罰金を払うなんて嫌ですよね。

払わないという選択肢があればいいのに…と思う人もいるのではないでしょうか。

今回はスピード違反をした時の罰金の金額や、罰金を払わないとどうなるかまとめてみました。

万が一に備えて、参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

スピード違反の罰金はいくら払わないといけない?

払わないといけないスピード違反の罰金はスピードや走っていた道路によって変わります。
金額は以下の通りです。

・一般道路

違反スピードが15km未満:9000円

違反スピードが15km以上~20km未満:12000円

違反スピードが20km以上~25km未満:15000円

違反スピードが25km以上~30km未満:18000円

違反スピードが30km以上~:6~80000円(場合によっては10万を超える場合も)

・高速道路

違反スピードが15km未満:9000円

違反スピードが15km以上~20km未満:12000円

違反スピードが20km以上~25km未満:15000円

違反スピードが25km以上~30km未満:18000円

違反スピードが30km以上~35km未満:25000円

違反スピードが35km以上~40km未満:35000円

違反スピードが40km以上~:簡易裁判で金額決定。

払わないといけないスピード違反の罰金は最低でも約1万円以上かかる傾向があります。

なかなかいないと思いますが、50km以上オーバーしたスピード違反をしてしまった場合は払わないといけない金額が一気に変わります。

加えて罰金額を決めるために簡易裁判で起訴されてしまいます

言ってしまえば前科持ちになってしまうので注意しましょう。

【スポンサードリンク】

スピード違反の罰金を払わないとどうなる?

スピード違反の罰金を払わないとどうなるのでしょうか。

スピード違反をすると青キップや赤キップを切られますが、それぞれの場合によって警察の対処が変わります。

①青キップの罰金を払わない場合

スピード違反で青キップを切られた時の罰金を払わないとどうなるのでしょうか。

青キップを切られた時の罰金は厳密にいうと「反則金」といいます

この反則金は刑罰として支払うものではなく、支払えば刑事手続きは行わないという性質ものです。

つまり支払うことで刑事手続きを免除してくれるわけですから、支払わないことで刑事手続きされてしまうというわけですね。

言ってしまえば訴えられてしまうということです。

ですが、刑事手続きされる可能性は100%ではありません。

また、反則金自体も任意ですので最悪払わないという選択肢も取れます。

だけど悪質なスピード違反をしていた場合は刑事手続きに加えて反則金と同額の罰金を払わないといけなくなるので、速やかに払ってしまうことがおすすめです。

②赤キップの罰金をはらわない場合。

赤キップの罰金は純粋な罰金であり、立派な刑事罰の一つです。

つまり払わないといけないお金です。

これを払わないと財産の差し押さえを受けることになってしまいます。

加えて差し押さえできる財産がないと、労役場留置になります。

これは払わないといけない罰金を1日5000円働いて返す場所です。

言ってしまえば懲役刑のようなもの。

完全に前科者扱いになってしまいますので、注意してくださいね。

最後に

いかがだったでしょうか。

スピード違反で罰金となった時、青キップの場合だと反則金を払わないまま大丈夫だったケースは実際にあります。

しかし万が一刑事手続きをされてしまうリスクがあるので、おすすめできません。

スピード違反をした以上、罰金は払わないといけないものです。

過ちを素直に認めて、払ってしまった方が楽です

だけど、一番大事なのは安全運転です。

ルールを守って、楽しく運転しましょう。

【スポンサードリンク】