寝る子は育つという言葉がある通り、子供には寝ることが大切です。

ただ子供が寝過ぎることに関しては親御さんも原因がわからず、病気ではないかと心配になることがあるかと思います。

寝すぎは心身の成長に悪影響があるのではないかと心配される方もおります。

今日は子供が寝過ぎるのは病気かどうか、また病気だとしたらその原因は何かを追求してみました。

子育て中の親御さんはぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

子供が寝過ぎるのは病気ではない

子供が寝過ぎだと心配された親御さんは多いと思われます。

大人の生活から比べるとと子供が寝過ぎなのではないかと思ってしまいます。

実際、子供は中学生、高校生くらいになるまでの間は成長期なので眠ることは当たり前なのです。

小学生の時は一日平均9時間が理想的な睡眠時間で、それ以上寝ていたとしても成長ホルモンの影響で眠くなってしまうようなことがあるのかもしれません。

この時期の子供には睡眠が何より大切で睡眠を欠くと運動機能や言語能力、コミュニケーション能力、情緒などに大きな影響を与えることになります。

特に病気ということで心配されることはなようです。

逆に大人の生活時間と比べることにより子供が寝過ぎということを考えがちになるので、子供にあった生活時間を親が作ってあげるということが大切です。

朝6時に起こしてあげ、夜は遅くても9時半には眠らせるというように子供の睡眠サイクルを大人が作ってあげるということをすれば、子供がどれくらい寝ているかということもわか
るようになります。

言い換えると子供に規則正しい生活をさせるようにし、親御さんが一日の睡眠時間を見てあげるということです。

大体の場合、成長期ホルモンの影響で寝すぎてしまうということがケースになります。

中学生の場合も大体7時間から9時間ぐらいが必要です。

中学生の子供が寝すぎるのも成長ホルモンが影響しているからです。

子供が受験勉強などで起きていなければならないときに眠ってしまっているということはありませんか?

それは親の意向で、受験勉強をしてほしい立場からすると寝過ぎで勉強をしないとなると心配になるということで、実際には子供はまだ成長途中なので病気ではないというのがケース
かもしれません。

【スポンサードリンク】

原因がわからない子供の寝過ぎには

平均的な睡眠時間以上寝続け、長期にわたり寝過ぎの状態が続くようであれば病気である可能性も十分あります。

日々の生活の中で子供に対して気が付いたことはありませんか?

原因がわからない子供の寝過ぎは、アスペルガー症候群、発達障害やうつ病の場合があるかもしれません。

これといった原因がわからないのであれば一度子供を病院で見てもらうことをお薦めします。

最後に

いかがでしたか?

子供の寝過ぎは成長ホルモンが大きな役割をかっているようです。

寝過ぎていると思うようであれば子供にきちんとした規則正しい生活を遅らせるように親御さんが見守ってあげるべきです。

【スポンサードリンク】