白髪が目立つようになったという人、多いですよね。

しかもまだ若いのに白髪が多いという人も珍しくありません。

白髪、とりわけ若白髪はストレスが原因だとよくいわれていますよね。

しかし白髪の原因はそれだけでなく、他にも様々な原因があると言われています。

中にはストレスと全く関係ないことが原因である場合も。

特にストレスと関係ないのに白髪が出てくる人もそれが原因かもしれません。
今回は白髪の原因に関してまとめてみました、ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

白髪の原因はストレス以外にも

白髪の原因にストレスが全く関係しないわけではありません。

しかしそれ以外のものが原因になっている場合があります。

それぞれ詳しくお伝えしましょう。

①ストレス

まずは代表的な原因のストレスから。

かの有名なマリー・アントワネットはギロチンにかけられる前、あまりの恐怖で髪が真っ白になったと言われています。

ある意味ストレスはポピュラーな原因だと言えるでしょう。

ストレスが大きくなると頭皮の血行が悪くなり、その影響を受けた毛根が色素を定着させられないため白髪ができると言われています。

ストレスは年齢に関係なく存在するので若白髪の原因にもなりがちです。

②栄養不足

ストレスと関係ない白髪の原因の代表格がこれです。

主にダイエット中の人に見られる原因です。

ダイエットで無理に減食するなどして髪に影響する栄養が不足すると白髪が出てくるようになります。

③毛周期の乱れ

毛周期とは髪が成長して死滅し、また生え変わるというサイクルを意味しています。

人間はこの毛周期を繰り返し続けることで髪が伸び、生え変わるようにできています。

髪の色もこの過程で色素を作って定着させているのです。

しかし年齢を重ねると次第にこの毛周期が乱れ、次第に白髪が増えてくるようになります。

高齢の人に白髪の人が多い原因はこれです。

これだけ聞くと若いうちは関係ないと感じると思います。

しかしこの毛周期はストレスや不規則な生活習慣によっても乱れます。

つまり若い人でも毛周期が乱れて白髪が増えることがあるのです。

【スポンサードリンク】

ストレスが関係ない原因の場合にも使える白髪対策!

ここでは白髪対策をお伝えします。

ストレスが原因の白髪も、それと関係ない白髪も、両方対策できるいい方法があります。

それは「規則正しい生活」を送ること。

きちんと睡眠をとり、ちゃんとした食事をとれば自然と体の調子がよくなります。

そもそもストレスが原因の白髪とストレスと関係ない原因の白髪の共通点は身体の血行が悪くなったり、栄養が不足しているという現象が見られます。

これらは栄養バランスを考えた食事をとり、しっかり身体を休めれば改善されます。

適度な運動もすればストレスも発散できてより効果的でしょう。

また食事をとる際にはたんぱく質やアミノ酸、ビタミンE、ミネラルをとれる食べ物を選びましょう。

肉や魚、卵を食べればたんぱく質は摂取できますし、ビタミンEやミネラルはナッツ類を食べればOK。

この対策は一見関係ないようですが、白髪を防ぐうえでかなり重要な役目を果たします。

ぜひ実践してみてください。

最後に

白髪は生えているだけで老けて見られてしまい、かなりやっかいなものです。

しかしストレスだけが原因だと思っているとなかなか治らないことも。

ストレスが関係ない場合は、無理なダイエットや不規則な生活が原因かもしれません。

毎日規則正しい生活を送ることは一見関係ないように見えて、実は白髪の大きな原因になりがちです。

白髪を見つけたら、日々の生活を改善するきっかけにしてみましょう。

【スポンサードリンク】