シンクの頑固な水垢は大変取りにくいです。

こすってもこすってもとれないシンクの水垢に困っているという方も多いと思います。

今日は頑固な水垢の取り方と水垢が付くのを予防する対策を追求してみました。

どれも簡単な取り方と予防策なので是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

シンクの水垢

そもそもシンクにできる水垢の正体は何でしょうか。

シンクを流れる水道水にはカルキ、マグネシウムなどのミネラルが溶けていますが、それがシンクの中で蒸発せずに残ってしまってしまいます。

カルキやマグネシウムがシンクの表面に白く残り頑固でとりにくい水垢となるのです。

【スポンサードリンク】

シンクの頑固な水垢の取り方

ご家庭にある食器洗剤の成分は中性、弱アルカリ性です。

シンクの頑固な汚れには中性、弱アルカリ性のものより酸性の洗剤を使うときれいに取れます。

ただ酸性のものは「混ぜるな危険!」という表示があって、使うのが怖いという方もいらっしゃると思われます。

ご家庭にあるもので安全な水垢の取り方はまず酢やはちみつを使用するということです。

お酢やはちみつの他、クエン酸粉末、生のレモン、ポッカレモンでも代用することができます。

水1対お酢1の割合で作ったお酢クレンザー又は水100mlに対し小さじ一杯のクエン酸粉末を混ぜた溶液をスプレーボトルに入れてシンクに振りかけます。

その後しばらく放置し、濡れた布で水分をふき取り、さらに渇いた布でシンクの表面の水分をふきとるだけです。

汚れが頑固な場合は上記の取り方を何度か繰り返してみることや、お酢クレンザーでシンクをパックするというやり方で改善されることがあります。

生のレモンも実に効果的で、半分に切ったレモンでシンクや蛇口の周りをこすってあげるとぬめぬめが取れきれいになります。

アルミホイルを使うのも一種の取り方です。

アルミホイルのぴかぴか光っているほうを向けて、アルミホイルをクシャクシャにします。

アルミホイルでシンクの表面を磨くことで水垢が簡単に取れます。

またジーンズに歯磨き粉を付けて磨くという取り方がありますが、いずれの取り方も磨き終わった後は渇いた布で汚れをきれいにふき取ることをお薦めいたします。

蛇口の周りは古い歯ブラシに歯磨き粉をつけて歯磨きをしているような感覚で蛇口の表面を磨きます。

また市販の研磨剤やクレンザーでも十分水垢を取り除くこともできますので、いくつか御自分の好きなブランドを試してみるのもお薦めのやり方です。

シンクの水垢の予防

シンクの水垢の再生を予防する方法は、まずきれいにし終わったら、汚れを渇いた布でふき取ることから始めます。

しっかり掃除した後、お台所を使うたびに熱湯をかけてあげると水垢の再生を予防できます。

毎日シンクに熱湯をかけるだけなので、お掃除の時間も短縮できます。

最後に

いかがでしたか。

ご家庭に身近にあるもので簡単に水垢をとることができることがわかりました。

どれも簡単な方法なので是非一度試してみてください。

【スポンサードリンク】