マスクをよく使うという人、最近多いですよね。

花粉症や風邪対策にマスクを使うのはもちろん、中にはとりあえずつけている人もいるのではないでしょうか。

一方でマスクは直に肌に触れるもの。

相性が悪いと肌荒れを起こすこともあります。

私の相性が悪いマスクで肌がかぶれてしまったことがあります。

そんなマスクですが、最近は種類も多く、とりわけシルクのマスクは肌荒れ対策になるともっぱらの評判です。

今回はシルクのマスクをふくめ、マスクによる肌荒れ対策をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

シルクのマスクは肌荒れ対策になる?

シルクのマスクの特徴はなんといってもその肌触りの良さです。

肌触りがなめらかで肌が敏感な子どもでも使いやすいのもうれしいですよね。

また、シルクは保湿性が高く、のどや肌の乾燥を防いでくれます。

睡眠中につければ肌を保湿してくれるので美容効果も期待できます。

シルクのマスクは通気性も高く、寝苦しくならないのもメリットです。

最近はシルクを用いたマスクとネックウォーマーを兼ねたアイテムも発売されています。

シルクの肌触りを最大限に生かしたアイテムなので、おすすめですよ。

このようにシルクのマスクは肌荒れ対策としてかなり効果的だと言えます。

今使っているマスクで肌荒れが起こってしまっている人は、これを機会に変えてみてもいいでしょう。

肌の乾燥対策にも使えるので、かなり重宝すると思いますよ。

【スポンサードリンク】

シルクのマスク以外でできる肌荒れ対策

すぐシルクのマスクを買うのは難しい…という人も中にはいると思います。

そこでシルクのマスク以外でもできる対策もあります。

マスクによる肌荒れの原因はマスクと肌の摩擦によるものです。

とりわけ安いマスクはカサカサの素材が多く、肌との摩擦が強くなります。

またマスクを長時間着用すると、ゴムの部分と肌の摩擦でも肌荒れが発生します。

よってシルクのマスクでなくても、自分の肌にあった材質のマスクを買うだけでも対策になります。

マスク選びのポイントは「フィット感」と「ゴムの太さ」です。

まずマスクは自分の顔の大きさに合わせたサイズを選びましょう。

大きすぎるマスクはマスクとして機能せず、小さいと摩擦が強くなり肌荒れの原因になります。

ちょうど顔とフィットする大きさのマスクを選びましょう。

また、ゴムが細いとその分耳に圧力がかかり、肌との摩擦も強くなります。

太めの、ゆったりとしたゴムを選べば肌荒れを防ぐことができます。

最後に

いかがでしょうか。

マスクによる肌荒れ対策で重要なのは「マスク選び」です。

自分に合ったマスクをチョイスすることが、マスクによる肌荒れの最も有効な対策になるのです。

世の中には色々なマスクがありますが、肌荒れを気にするならおすすめはシルクのマスクです。

シルクの高い保湿効果は肌荒れを防ぎ、また美肌効果も期待できます。

まさに一石二鳥というべきでしょう。

良質なシルクのマスクで肌荒れとお別れしましょう!

【スポンサードリンク】