醤油といえば、日本を代表する調味料ですね!どのご家庭にもありますよね。

醤油には、濃口醤油と薄口醤油があります。色が濃い、薄いという見た目はわかりますが、濃口醤油と薄口醤油の違いは具体的にどういったものがあるのでしょうか?

2種類の醤油について、代用方法と塩分濃度などを含めて調べてみました!

良かったら参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

濃口醤油と薄口醤油の塩分濃度

全国的には「濃口醤油」が圧倒的に多いそうです。「薄口醤油」は関西でよく使われているお醤油です。

濃口醤油と薄口醤油のそれぞれの特徴は以下のとおりです。

・濃口醤油…食塩分約16%ほど。

どのように使うかというと、つけ、かけ用としての卓上調味料、煮物、焼物、だし、たれなど調理用として使用されます。

・薄口醤油…別名「淡口醤油」ともいいます。「色が淡い」という意味で「味や塩味が薄い」という意味ではないんです。食塩分は18~19%くらいです。

どのように使うかというと、野菜の煮物やお吸い物、うどんつゆなどに使用されます。料理素材の魚や野菜などの持ち味や色合いを生かすのに向いています。

塩分濃度のほかにも違いがあるのでしょうか?

私は料理のレシピに薄口醤油と書いてあっても濃口醤油で代用することもありましたが良かったんでしょうか?何となく味がぼんやりしていたのはそのせいだったのかもしれません。

【スポンサードリンク】

濃口醤油と薄口醤油の違い

濃口醤油と薄口醤油の違いは、色の違いと塩分濃度の違いになります。

濃口醤油の方が黒っぽくて塩分が多いように見えますが、実際は薄口醤油のほうが約2%塩分が高くなっています。

通常レシピで「醤油」とあったら濃口のほうです。薄口を代用すると味が濃くなってしまいます。

だから私の場合、逆を使ったことがありますが、味にしまりがなかった記憶があります!

また作り方として濃口醤油は発酵・熟成の期間が薄口醤油より長いため、色が濃く、風味が豊かになっています。

薄口醤油の色が淡いのは、塩分を加えることで発酵・熟成期間を短くしているためです。醸造過程の仕上げで甘酒や水あめを加えます。醤油のうま味も淡い色と同様、控え目になっています。

代用方法と塩分濃度について

醤油の代用方法について調べました。家に濃口醤油しかないとか、薄口醤油しかない時に参考にしてみて下さい。

薄口醤油の代わりに濃口醤油を使う場合、薄口醤油小さじ1杯分=濃口醤油小さじ半分+塩少々
で代用できます。醤油の色を薄くするために量を半分にして、塩をプラスしてみましょう!

濃口醤油と薄口醤油は塩分濃度の差はほとんどありませんので、塩分は同量にし、色を変えることで代用できます。

ただし、この場合風味が多少違いがでてきます。あくまでも代用ですね。

逆に濃口醤油がない場合は、代用が少し難しいです。色を濃くすることはできませんが、塩分の微調整をすることで多少は濃口醤油に近づくかもしれません。

みりんを少しだけ足してみると風味が少しだけ似ると聞きました。これはやってみないとわからないですね。

まとめ

関西と関東で使われる醤油が多少違うようですが、濃口醤油の方が使用される方が多いようですね。

私は濃口醤油を主に使っています。薄口醤油に代用もできるので、醤油が切れてしまった場合などにやってみようと思いました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】