塩顔男子が最近人気ですよね。

しかし塩顔と言われてもピンとこないもの。

そもそも顔の分類は塩顔男子だけじゃなくて、顔の特徴によって醤油顔、ソース顔、果てはケチャップ顔やマヨネーズ顔もあるとか。

ここまでくると訳が分からないですよね(笑)

とりあえず調味料に例えるのはなぜなんでしょうか(笑)

今回は塩顔男子の特徴や一般的な日本人男子の顔とされる醤油顔男子との違いをお伝えします。

流行りのワードなので、しっかり押さえておきましょう!

【スポンサードリンク】

塩顔男子の特徴は?

塩顔男子の特徴は一言でいうとあっさりしたアジア系の顔です。

目は一重か奥二重。

フェイスラインはすっきりとしており、色白で髭などがない小ざっぱりした印象です。

一方で鎖骨やのど仏といった男性らしいパーツはしっかり主張しています

芸能人で言うとシンガーソングライターの星野源、俳優の長谷川博己、瑛太などが該当します。

全体的にスラッとしていて、一見草食系のような、どちらかというと大人しいイメージがある顔ぶれですよね。

塩顔男子は醤油顔男子と比べて色素が薄い感じがする、という特徴もあります。

元々日本人は木村拓哉や小栗旬といった醤油顔男子が人気の傾向がありましたが、最近は塩顔男子が流行しています。

見た目のあっさりさとは裏腹に、時折見せる男らしさに夢中になる女子が多いようですね。

【スポンサードリンク】

塩顔男子、醤油顔男子以外の顔は?

塩顔男子の特徴はわかって頂けたと思いますが、ここでは他の顔の特徴もチェックしてみましょう。

先程もお伝えした醤油顔男子は一般的な日本人のイメージとされており、二重で目鼻立ちがハッキリしているのが特徴です。

イメージは木村拓哉、小栗旬などが挙げられます。

その醤油顔男子より濃い顔がソース顔男子です。

阿部寛や北村一輝といった日本人離れした彫りの深い顔立ちが印象的ですね。

また、塩顔男子より更に薄いとされる酢顔男子もあります。

BAMP OF CHIKENのボーカルの藤原基央、松田龍平といった一重でより線の細い男子が該当するようです。

ちょっと違うベクトルになると砂糖顔男子というものもあります。

こちらは少年のような甘めで幼い顔立ちが特徴的。

小池徹平や神木隆之介が該当しますね。

このように顔の特徴というのは色んな分類があります。

もしかしたらこれから先もっと増える可能性も(笑)

自分が塩顔男子なのか、醤油顔男子なのか、それとも他の顔なのか、調べてみると面白いかもしれませんね。

最後に

いかがでしたか?

塩顔男子の特徴は醤油顔男子と比べてあっさりとした、どちらかというと草食系男子のような特徴があります。

見た目があまり男っぽくない、中性的なイメージがあるんでしょうね。

一方で醤油顔男子同様、男らしい特徴もしっかり持ち合わせています。

そんな塩顔男子のギャップ萌えに今時の女子は夢中になっているのでしょう。

どちらかというと塩顔男子かな…という人は時々男っぽさを出してみてはどうですか?

思いがけない女子の人気を集めるかもしれませんね。

【スポンサードリンク】