神社で行われる結婚式にどんな服装で参列すれば良いのか分からずにお困りの男性の方はいらっしゃいませんか?

今まで教会での結婚式に参列したことはあっても、神社での結婚式には初めて参列される方もいると思います。

実は近頃、あえて日本の古来からの文化である神社での結婚式(神前式)を挙げるカップルが少なくありません。

そんな時に困ってしまうのが神社での結婚式での服装マナー。

初めての神社での結婚式への参列だからといって、「知らなかった」では済みません。

女性だけでなく、是非とも男性も服装マナーをきちんと守り、参列しましょう。

【スポンサードリンク】

神社で結婚式!男性はどんな服装で参列するの?

《あなたが友人の場合》
女性が神社で執り行われる結婚式に参加する場合は、和装での参加も良いとされています。

しかし男性の場合、和装での参列は両家の父親よりも目立ってしまう可能性もあるため、神社での結婚式の際も着用する人は少ないです。

一般的に神社での結婚式に男性の友人が着用する服装として相応しいのは、正装または準礼装と呼ばれるものです。

特に冠婚葬祭の際に一番多く着用される服装は準礼装(セミフォーマル)で、ディレクターズスーツもしくはブラックスーツが良しとされています。

一般的な友人であれば、黒いスーツジャケットにその生地と同じパンツを合わせ、シャツとネクタイ、胸ポケットのハンカチをコーディネートする『ブラックスーツ』が良いでしょう。

《あなたが親族、主賓や上司などの場合》
両家の父親よりも派手になりすぎない程度にコーディネートした『ディレクターズスーツ』がオススメです。

具体的には、黒いジャケットに灰色のストライプのスラックスを合わせることで、ブラックスーツよりもきちんと感が出ますから良いでしょう。

ブラックスーツもディレクターズスーツもジャケットとパンツは同じ生地の物がよく、ジャケットはシングルでもダブルどちらでもかまいません。

ネクタイは華やか過ぎなければ、白以外の薄いピンクやシルバーなど、光沢があるストライプ柄やドット柄でも近頃は良しとされています。

【スポンサードリンク】

神社での結婚式で、男性が服装コーディネート以外でも注意したいこと

神社での結婚式に参列する際、目に見える服装コーディネート以外にもいくつか注意しておきたいことがあります。

①靴下選び
→神社での結婚式は、土足ではなく、靴を脱いで神前に上がります。

そんな時、見えないと思って男性が派手な色の靴下や穴の空いた靴下などを履いているのは服装マナー違反です。

正装もしくは準礼装に合った、男性用の黒やグレーの綺麗な靴下を履いていきましょう。

②私語・遅刻厳禁
→神社での結婚式は、神前ということもあり私語は慎むことがマナーとされています。

形式に基づいて何度も立って礼をしたり、参列者全員で参拝をしなければならないこともあるため、基本的に遅刻は厳禁とされています。

服装だけをきちんとするではなく、『神前での結婚式』という自覚を持って参列をするようにしましょう。

③荷物はなるべくクロークに預ける
→神社での結婚式では、参列者の椅子には背もたれがない場合が多いので荷物を背中側に置くことが難しい場合がほとんどです。

そのため、何度も立ち上がって礼をする際に荷物が多いと、床に荷物を置くか常に手に持った状態でいることとなります。

男性の場合もともと荷物は女性に比べて少ないとは思いますが、もしも大きな荷物があるようでしたら披露宴まではクロークに預け、荷物は最小限で参列するようにすると良いでしょう。

最後に

神社で行われる結婚式にも、新郎新婦や両家親族の方たちに失礼のないように男性もしっかりと配慮した服装で参加したいものです。

お祝いする自分自身、いざ参列した際に服装マナーが悪い知った時は申し訳ない気持ちになってしまいますし、後から写真で見た時には目を覆いたくなってしまうことでしょう。

せっかく招待してもらった神社での結婚式です。

男性も服装マナーを守り、新郎新婦、両家親族だけでなく、自分にとっても素敵な思い出に残る結婚式にしてください。

【スポンサードリンク】