たまには広いお風呂に入りたい…そんな時は銭湯に行きたいですよね。

最近はおしゃれな銭湯もあり、若い女性にも人気になっています。

しかし銭湯は機会がないとなかなかいかないもの。

とりわけ女性だと持ち物がタオル一枚というわけにはいきません。

だけどあんまり持ち物を多くしすぎると邪魔になってしまいますよね。

今回は女性が銭湯に行くときに便利な持ち物をご紹介します。

必要最低限の便利な持ち物だけにしぼりましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

女性が銭湯に行くときに便利な持ち物

女性が銭湯に行く時に便利な持ち物は以下の通りです。

・タオル

タオルは二枚持っていくことがおすすめです。

体を拭くバスタオルと浴室内で使う肩掛けタオルがあればいいでしょう。

とりわけ肩掛けタオルは忘れがちなので気をつけましょう。

銭湯では脱衣所を濡らすのはマナー違反なので、風呂上がりに肩掛けタオルで体を拭くことが大事です。

・小銭

お金はなるべく小銭にしておいた方が便利です。

銭湯の料金はもちろん、ロッカーやふろ上がりの牛乳(笑)の代金は小銭を使うことが多いです。

お金は小銭にしておけば、使い勝手がよくなるので便利ですよ。

・石鹸、シャンプーなど

銭湯のシャンプーや石鹸が合わない場合があるので、自前の石鹸やシャンプーなどを持ってきておきましょう。

昔ながらの銭湯はリンスインシャンプーしかや安い石鹸しか置いていない場合もあるので、美容を気づかう女性にはいささか心もとないことがあります。

持ち運びできるミニタイプなら他の持ち物の邪魔にならないのでおすすめですよ。

・バッグ

持ち物を運ぶバッグはスパバッグが便利です。

底がメッシュになっているので持ち物が濡れても乾きやすく、石鹸の泡がついていても水ですぐ洗い落とせます。

また、濡れたスパバックをそのまま持ち運びたくない時はエコバッグに入れるといいでしょう。

普通のカバンだとビショビショになって大変なことになってしまいます。

・ヘアゴム

髪の長い人はヘアゴムを持ち物に入れておくことがおすすめです。

お風呂につかる時に長い髪だと湯につかってしまうので、ヘアゴムがあればくくることができます。

しかし手持ちのタオルで髪をまとめられる人は必要ありません。

【スポンサードリンク】

持ち物を用意するのが面倒な時は…

持ち物を用意せず、なるべく手ぶらで銭湯に行きたい!

そんな人は持ち物を小銭だけにしておけばOkです。

最近の銭湯は数百円で買える便利な手ぶらセットが売っていることが多いです。

この手ぶらセットはフェイスタオル、シャンプー、リンスといった女性に必要なアイテムがセットになっていることが多く、これがあれば持ち物は小銭だけで十分になります。

使い切ってしまえば帰りも手ぶらでいられます。

結構便利なので、手間をかけたくない人にはおすすめです。

また女性向けにヘアピンやクレンジングオイルなどを置いている銭湯もありますので、事前に調べておくと持ち物を減らせますよ。

最後に

銭湯といえば高齢の人の憩いの場というイメージがありますが、最近は若い女性向けのサービスをやっている銭湯もあります。

そういった場所は手ぶらでもいいように、便利なアイテムを売っていることが多いです。

なので持ち物を最悪小銭だけにしても問題ない場合があります

ただし、女性たるもの身だしなみは何かと手間がかかるもの。

自分が使っている化粧品やシャンプー、リンスなどは持って行っても損はないでしょう。

そんな時は持ち物を最小限にして、本当に必要なものやあると便利なものだけにまとめておくことがおすすめです。

なるべくフットワークを軽くして、思う存分銭湯を楽しみましょう!

【スポンサードリンク】