洗濯槽のカビ、イヤですよね…

どうしたら簡単に洗濯槽のカビが取れるんでしょうか?

何か良いお掃除の方法はないのかな?

と悩んでいるそこのあなた!洗濯槽のカビを退治するのに、重曹やクエン酸が効くって知っていましたか?

重曹やクエン酸のお掃除パワーは、いろんなところで話を聞くと思います。

そうなんです。

洗濯槽のカビ退治にも効果を発揮してしまうんですよ。

重曹とクエン酸のパワーはすごいです。

それでは、なぜ重曹とクエン酸を使った方が良いのか、調べたことを書いてみます。

読んでいただければ幸いです!

【スポンサードリンク】

重曹ってどんなもの?

重曹の化学名は「炭酸水素ナトリウム」です。

弱アルカリ性の物質で、お掃除だけではなく、クッキーやケーキ作りのときに「ふくらし粉」として使ったりもしますよね。

重曹は、人の汗や脂などの酸性の汚れをそれなりに落とすことができます。

入手もしやすいですし、人体への影響もほとんどないので、お掃除に洗濯に気軽に取り入れることができてしまいます。

ですが、重曹だけでは洗濯槽のカビを取ることができません。

ここにクエン酸の力が必要になってくるのです。

【スポンサードリンク】

洗濯槽のカビを退治するのになぜクエン酸が必要なの?

そうなんです。

洗濯槽のカビを退治することはできません。

クエン酸の力を借りる必要があるんです。

重曹にクエン酸を加えると、化学反応を起こしてしゅわしゅわと二酸化炭素を発生させます。

この泡こそが、洗濯槽のカビを剥がして浮かび上がらせてくれるのです。

クエン酸と重曹がコンビを組むことで、洗濯槽のカビを退治してくれるんですね。

なぜ重曹とクエン酸がいいのか?

実は、洗濯槽をキレイにする方法は重曹とクエン酸以外にもあります。

市販の塩素系漂白剤や酸素系漂白剤でも、洗濯槽のカビはピカピカにお掃除することができます。

特にひどい汚れには、塩素系漂白剤を使うと良いでしょう。

ですが、塩素系漂白剤は気をつけなければならないことが結構あります。

塩素ガスが発生しないようにとか、手荒れしないようにとか…

そういうの怖いからイヤだな…という人も結構いるかもしれませんよね。

その点、重曹とクエン酸は口に入れても安全なものでできています。

塩素系漂白剤はなんだか怖くて使いたくない!という方には、重曹とクエン酸を使うことをオススメします!

まとめ

洗濯槽のカビを掃除したい!という場合に、重曹とクエン酸を使った方が良い理由について書いてきました。

使い方は簡単で、
・洗濯槽にお湯を入れます
・お湯40リットルに対し、重曹が300グラム、クエン酸が100グラム(重曹:クエン酸=3:1が目安)入れます
・しゅわしゅわーっと泡立ち、洗濯槽のカビを浮かび上がらせます
という順番。

ただ、中には使用できない洗濯機もありますので、お使いの洗濯機は重曹とクエン酸を使っていいものかどうか、しっかりチェックしましょう。

人体にもほとんど影響のない重曹とクエン酸で、安心安全な洗濯槽カビ掃除をしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】