石鹸を使って洗顔をすると、ニキビや肌荒れ、乾燥の原因になってしまうことがあります。

石鹸は、天然由来成分で作られているため肌にやさしく負担が少ないですが、使い方を間違うとニキビや肌荒れ、乾燥を引き起こしてしまう恐れがあります。

そこで、石鹸洗顔で気を付けるべきポイントをお話ししましょう。

【スポンサードリンク】

石鹸洗顔はニキビや乾燥などの肌荒れを引き起こす?

石鹸洗顔はニキビや乾燥などの肌荒れを引き起こすのでしょうか?

石鹸洗顔をすると、洗顔フォームを使ったときに比べてお肌の“つっぱり感”がありませんか?

洗顔フォームを使うとお肌がしっとりするのに、なぜ石鹸だとつっぱるのでしょうか?

洗顔フォームの中には、通常石油成分で作られている「合成界面活性剤」が入っています。

これは人工的に作られた成分で、洗浄力が強いため多くの洗顔フォームに入っています。

この合成界面活性剤を入れて、保湿成分やその他化学物質を入れることで肌と同じ「弱酸性」を作り、洗い上がりがしっとりする洗顔フォームを作っています。

しかしこの石油成分が入ったものを使用し続けていると、肌に浸透し肌を覆っている皮脂膜を破壊して様々な肌トラブルを起こしてしまいます。

また、弱酸性成分の洗顔フォームは洗顔後に成分が残ってしまいその後の化粧水などの浸透を妨げる場合もあります。

その点、石鹸にはそういった成分は入っておらず、天然の石鹸成分のみなので肌に負担がなく使用でき、化粧水をはじくこともありません。

しかし、この石鹸は、「弱アルカリ性」のため肌の「弱酸性」には少し刺激があり、保湿成分が少ないため乾燥を引き起こす可能性もあります。

また、十分に洗い流さないと石鹸カスが肌に残ってしまいそれがもとでニキビなどの肌荒れにつながる場合もあるのです。

【スポンサードリンク】

石鹸洗顔の気を付けるべきポイントとは?~ニキビ、乾燥などの肌荒れを防ぐ

では、石鹸洗顔をする際、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

間違った石鹸洗顔をすると、ニキビや乾燥などの肌荒れにつながってしまう恐れがあるので注意しましょう。

●石鹸洗顔は夜の洗顔のみ

石鹸洗顔は、日中のメイクや外で付着した汚れを洗い流すために行います。

朝の洗顔は、夜寝ている間に出た皮脂や汗の成分だけなので、ぬるま湯で洗い流すだけで十分落とすことができます。

●正しい洗顔方法

①手を洗う。

②手ですくったぬるま湯で顔をぬらす。

③泡立てネットを使って石鹸を泡立てる。

④泡は先に額・鼻・鼻の下の「Tゾーン」にのせる。

⑤乾燥しやすい目元や頬はさっと泡をのせるだけ。

⑥どの部分も手で擦らず、泡を滑らせる

⑦手ですくったぬるま湯でやさしく洗い流す。

なるべく手が顔に触れないように、“かけるように”洗い流す。

フェイスラインなどすすぎ残しのないように20回ほどすすぐ。

シャワーは使わないこと。

⑧洗顔後はタオルで擦らず、軽く抑えるように水をふき取る。

⑨洗顔後は、すばやく保湿して乾燥を防ぐ。

●石鹸は湿気の少ない風通しの良いところに置きましょう。

溶け崩れや雑菌の繁殖を防ぐためにも、湿気のあるジメジメしたところには置きっぱなしにしないようにしましょう。

石鹸洗顔を正しく行って、ニキビや乾燥などの肌荒れを防ぎましょう!

石鹸洗顔は正しく行えば、ニキビや乾燥などの肌荒れを防ぐことができます。

ただ、冬場など乾燥がひどいときは、石鹸洗顔を毎日行うと乾燥を悪化させる場合があるので、ぬるま湯だけで洗顔する日をつくるなど、その日のコンディションに合わせて洗顔することも大切です。

皆さんも正しい石鹸洗顔を行ってニキビや乾燥などの肌荒れを防ぎ、美しい肌を目指しましょう。

【スポンサードリンク】