女性は生理前にどうしても眠いと感じたことはありますよね。

生理前だと仕事中でもウトウトしちゃった、なんてこともあるはず。

そんなとき、あなたはどんな眠気対策をしていますか? 

働く女性のみなさんに、生理前の時でも仕事中に眠いと感じないような対策を紹介いたします。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

生理前だとなぜ眠い??

どうして生理前になると、眠くなるの?

生理周期によるホルモンバランスの変動が「睡眠」にも影響を与えることがわかっています。

生理前に分泌量が増える黄体ホルモン(プロゲステロン)には、“睡眠を促す働き”と“体温を上昇させる働き”があります。

私たちの体は、朝から夕方にかけて体温が上がり、それ以降は下がります。

一定の体温を下回ると自然に眠くなるようになっているのです。

夜になると眠くなるのは、この体温の変化が影響しているからなのです。

でも、生理前はこのホルモンにより、通常よりも体温が下がりにくい状態になります。

そのため、寝つきが悪くなったりして、寝ても熟睡できないのです。

私たちの生活は、ただでさえ寝不足になりがちになり、生理前ではなくても、日中に眠気を感じることがあります。

そこに、「日中は眠いけど、夜に眠ろうとするとぐっすり眠れない」という状態が数日続くのです。

【スポンサードリンク】

生理前だと眠くなる原因

生理前のひどい眠気は、“PMS(月経前症候群)”による症状の一つだと言われています。

このひどい眠気の原因と、起きる時期についてご説明します。

ひどい眠気は“プロゲステロン”という女性ホルモンの働きによるものとされます。

プロゲステロンには、ひどい眠気に関わる2つの働きがあります。

1つ目が体温を上げる働き。

プロゲステロンには基礎体温を上げる働きがあります。

通常、眠気は体温が下がるときに起こるといわれていますが、生理前にプロゲステロンが増えると体温が高く保たれるため、寝つきが悪くなったり睡眠の質が下がります。

そのため、夜に熟睡できず十分な睡眠が取れないことが原因で、日中に強い眠気を感じることがあるのです。

2つ目が催眠の働き。

さらにプロゲステロンには、ひどい眠気を起こす催眠の働きがあります。

プロゲステロンの睡眠の働きは、睡眠薬に匹敵するほどとも言われており、それによって強い眠気が起こるとされています。

生理前でも仕事中に眠くならないための予防

どうしても仕事中でも眠くなる時は、動きまわってカフェインを摂取する

例えば、コーヒーを飲む。

ただし、効き目を出すために、普段はできるだけコーヒーを飲まないでコーヒー耐性をつけないようにする

眠気対策として効果がありそうなカフェイン。

とりあえず、眠くなったらコーヒーやお茶を飲んで紛らわす、という人もいるはずです。

体を動かして気分転換することは大事なことですよね。

他の方法として、体に刺激を与える。

体をつねったりツボを押したり、体に刺激を与えて、何とか眠気を吹き飛ばそうとがんばる女性たち。生理中の仕事量を少なめにしたり、立ち仕事にしたり、と仕事内容の調整をしている女性もいるようです。

最後の手段として、とりあえず、寝る!

生理中や生理直前は、異常なくらいの眠気が襲ってきますよね。何をしてもダメ、というときに一番効果的なのは、少しでも寝ることかもしれません。

体の自然現象と捉えて、無理に抗わず、いつもよりペースダウンして過ごすようにしましょうね。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】