いつも生理前になると食べ過ぎてしまって、本当罪悪感に駆られてしまう。

そんな女性も多いのではないでしょうか?

生理前に食べ過ぎてしまったり、異常に食欲が増進したりする現象はPMSの症状の1つと言われています。

今回は生理前に食べ過ぎてしまった時のリセットの仕方を調べてみました。

ぜひ、参考にしてみて下さいね!

【スポンサードリンク】

生理前に食べ過ぎちゃうのはどうして?

そもそもどうして生理前に食欲が増大するのでしょう??

リセットしたくても、なかなかそうもいくものではないことは女性はみんな分かっていると思います。

生理周期の中で、女性は排卵が終わると黄体ホルモンの分泌量が増えます。

この黄体ホルモンは、妊娠に備えて体が栄養や脂肪や水分を蓄えようとする働きを促すのです。

黄体ホルモンの分泌量が増えると血糖値が下がるため、いつもより多くの食べ物を摂取して血糖値を下げないようにしようと体が働きます。

そのため、何か食べたいと感じることが多くなるようです。

ちょうど黄体ホルモンは生理が始まる頃まで増えていきますので、食欲が増大して食べ過ぎてしまったりするのだと言われています。

【スポンサードリンク】

生理前に食べ過ぎてしまうもう1つの理由

生理前に黄体ホルモンの影響で食欲が出てしまうことはよくわかりましたね。

でもそれだけではないのです。

黄体ホルモンの分泌が多くなってくると、今度は女性ホルモンのエストロゲンが減少してきます。

このホルモンが減ってくると、大なり小なり症状は様々ですが、女性はイライラしたり、感情のコントロールが上手に出来なかったり、精神的に不安定な状態になります。

よって暴飲暴食などでそれを補おうとして食べ過ぎてしまうなんていうこともあるのです。

沢山食べると精神的に満たされ、イライラは治まると言われます。

あなたは無性に甘い物を沢山、生理前に食べたくなりませんか?

なんとかリセットしたいものですね。

食べ過ぎをリセットするには?

生理が始まり、ホルモンバランスが変われば、また食欲は元に戻ります。

ほとんどの人が食べ過ぎていても、元の体重に戻ることが多いです。

人によりますが1から3キロくらいでしょうか?

しかし、全然体重が戻らず、どんどん太るようなら生理前と生理後で調整が必要です。

ただ、無理に食べないようにしたりすれば体が必要としていることなので、あまり良くありません。

まず、無性に食べたくなった時は200miほどの豆乳を飲んで食欲を落ち着かせましょう。

豆乳には女性ホルモンのエストロゲンの代謝促進をうながします。

また小まめに分けて少しずつ食べて血糖値の緩やかな上昇を目指しましょう。

急激に血糖値を上げると一気に下がり、食べ過ぎに繋がってしまいます。

そうしておけば、多少生理前に体重が増えても、生理がスタートすればまたリセットされることでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

生理前の食べ過ぎをリセットするために、ちょっとした方法ですが、ご紹介させていただきました。

女性はホルモンバランスで色々な症状が出て大変ですが、個人差はありますが誰にもある事ですし、あまり敏感にならず穏やかに付き合って行けるようになりたいですね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】