みなさんは、「さやいんげん」と「いんげん」の違いって知っていますか?

私は、お使いで母親に「いんげん買ってきて」なんて言われたら、どれを買っていけばいいのかわからなくて困ってしまいました。

今日は「さやいんげん」と「いんげん」はどのような違いがあるのか調べてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

「さやいんげん」と「いんげん」の違い

なんと、「さやいんげん」と「いんげん」の違いは特にありません。

いんげんの若い状態でさやごと食べる種類のことを「さやいんげん」と言うそうです。

代表的な品種は、ケンタッキーワンダー種のどじょういんげん、サーベルいんげん、平さやいんげんなどで、いずれもさやを食べる専用種として品種改良がすすんでいます。

元は同じなんですね。

びっくりです。

【スポンサードリンク】

いんげんにも色々な種類がある

私達が「いんげん」と呼んでいるものは、いんげん豆のことです。さやから出して茹でたりして食べます。

「いんげん豆」には、豆を食べる白インゲンや金時、うずら豆をはじめ、世界中に数多くの種類があります。

これらは安く手に入り、さらに低脂肪、高タンパクの豆類で、世界中で主食または主要なタンパク源とされている食材です。

いんげんは素晴らしい栄養素を豊富に持つ食材です。

食べておけば間違いないという栄養素もあるんですよ。

いんげんの栄養

「必須アミノ酸」って聞いたことありますか?

「いんげん」や「さやいんげん」は、この必須アミノ酸が全てふくまれています。

必須アミノ酸は、全部で9種類あります。

・フェニルアラニン
・ロイシン
・バリン
・イソロイシン
・スレオニン
・ヒスチジン
・トリプトファン
・リジン
・メチオニン

これらのアミノ酸は、私達の体に必要な栄養なのに、私達の体内では作れない栄養です。

なので、私達は食べ物から摂取しなくてはいけません。

必須アミノ酸が不足すると、体の機能を保てなくなります。

いんげんはこれらを一気に取れてしまう間違いなくスーパー野菜なんですね!

いんげんの下ごしらえ

さやいんげんを茹でる前に下ごしらえをして昔は一本一本スジをとっていました。

一昔前までは、さやいんげんには固い筋があったので、必ず筋を取る作業をしましたが、今は昔と違い気にならないものがほとんどです。

とは言っても、たまにしっかりと筋があるものがあったりもするので、念の為、何本か試しに両端を少しポキッと折ってみて、筋が無いか確かめてみましょう。

また、いんげんもさやいんげんも茹でる時は塩をお湯の2%の濃度にするのが良いそうですよ。

水1リットルに塩20gということになります。

茹でることによって野菜の旨味を引き出すことができる塩分濃度だそうなので少し多そうですがぜひ試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「さやいんげん」と「いんげん」の違いがわかりましたでしょうか?

どちらも栄養豊富な手に入りやすい野菜です。

ぜひ積極的に食卓に取り入れてみてくださいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】