手のささくれの痛みって耐えられないですよね……

しかも、腫れてくるときもあるじゃないですか!

たまったものではありません。

小さなささくれでもちょっと服に擦れただけでもかなりの痛みが走ります。

そのささくれがひどくなると腫れが発生し、痛みはマックスに。

それにしても、どういうときに腫れが発生するのでしょうか?その原因はなんなの?

原因がわからなければ対処のしようもありません。

困ったものだ……と考えるのはやめて、対処法を探るために指を動かしました!

それでは、ささくれの腫れがひどくて、痛みに耐えられないという方のために、原因とその対処法について調べたことを書いていきます。

最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

ささくれの原因とは?

ところで、なぜささくれができるのか知っていますか?

ささくれの原因はすべて「乾燥」にあります。

手の乾燥の原因は何かというと、「栄養バランスの崩れ」「指先の乾燥」「薬剤の影響」などが考えられます。

栄養バランスが崩れると、指先に十分な栄養が行き届かなくなります。

指先が乾燥する原因も、栄養バランスの崩れが影響している可能性が高いのですが、乾燥の場合はこれだけではなく、寒い時期に水仕事をしたりすることも乾燥の原因になります。

また、ネイルなどの除去剤は揮発性の高いものです。

それが直接肌につくと乾燥します。

ささくれができる原因は「乾燥」によるものなのです。

【スポンサードリンク】

ささくれが腫れて痛みがひどいときの対処法は?

ささくれは小さいものであれば、爪切りなどで切り取ればまだなんとか対処できます。

しかし、気になってささくれを無理にひっぱったりむしったりすると、バイ菌が入ってしまい、腫れて痛みがひどくなるときがあります。

そうなってしまったときには、正しい対処をする必要があるでしょう。

ささくれが腫れて痛みがひどいときは、消毒をして傷口を清潔にする、という対処法が最も効果的です。

そして、キレイにするだけではなく、アロエ軟膏や液体絆創膏などを塗って、炎症を抑えたり、腫れを保護し痛みを抑える対処をすることが大変有効になってきます。

ですが、一番の対処法は「予防」をすることです。

食習慣を見直してしっかり栄養を摂る、手を乾燥から守る、薬剤から手を保護する、など根本的な対処をすることが望ましいと言えます。

まとめ

ささくれが腫れて痛みがひどいときの原因と対処法について、調べたことを書いてきました。

ささくれができる原因は、栄養バランスの崩れ・水仕事・薬剤の使用などによる「手先の乾燥」によるものでした。

また、腫れて痛みがひどくなる原因としては、ささくれをむしったりしてバイ菌が入ってしまうこと。

そうなってしまったときの対処法は、消毒をして傷口を清潔にし、軟膏を塗って炎症を抑え保護することです。

ささくれの腫れと痛みなんてもう2度と経験したくない!という方は、食習慣を見直して栄養バランスの良い食事を心がけ、手の乾燥を防ぐことが必要。

正しく対処をして、ささくれとおさらばしましょう!

あなたの手の痛みが消えて、快適な生活を取り戻せますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】