一度はおねしょをしなくなったのに、3歳にもなってまたおねしょ。。。なんて思っている親御さんもいるかもしれません。

ですが、3歳くらいになってもおねしょしてしまう子、実は少なくないんです。

とはいえ、幼稚園や保育園に通いだしてからしょっちゅう我が子がおねしょをしてしまうと、

先生方にも申し訳ないですし、シーツや洋服を洗うのも一苦労ですよね。

3歳くらいの子たちのおねしょには実は原因があり、きちんと対処をしてあげればおねしょの回数を減らすことができます。

まずはおねしょの原因からお話し、その対処法をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

3歳くらいの子たちがおねしょをしてしまう原因とは?

3歳くらいにもなってくると、お子さんは自分がおねしょをしてしまったことに自身で傷ついている子もいます。

しかし、そんな時は咎めたり注意したりしないようにしましょう。

というのも、おねしょをしてしまう原因は身体的な原因や、精神的なものによる原因である可能性が多いからです。

身体的な原因であれば、膀胱の大きさや体の大きさに比べて水分を摂取する量が多かったり、

まだ膀胱の大きさが小さく、他のお子さんに比べてどうしてもおねしょしてしまうことがなどがあります。

そんな時は、夜眠る前にトイレに行く習慣をつけるなどの対処法で改善がみられることがあります。

冷えなどもおねしょを助長しやすい原因です。その為、お風呂で体をしっかりあたためたり、

眠っている時の服装や室温なども影響している可能性があります。

また、精神的な原因としてはお子さんによってそれぞれです。

悲しかったことや驚いたことがあった時。時には寂しさだけでなく、楽しくて興奮した日などに起こることもあります。

その為、3歳くらいの子のおねしょはほとんどのお子さんが通る道であり、

おねしょしてしまうからと言って、それほど焦らなくてもいいものである場合がほとんです。

では、そんな3歳くらいのお子さんがおねしょをしてしまう場合の対処法とは一体どのようなものでしょうか?

【スポンサードリンク】

3歳くらいになっても、もうおねしょは怖くない!具体的な対処法は?

では、3歳くらいになっておねしょをするお子さんにしてあげる具体的な対処法はどのような方法でしょうか?

この文章を今読んでいらっしゃる親御さんは、恐らくお子さんのおねしょに対し、

多少なりとも焦りを感じていらっしゃることと思います。

しかし、実はその親御さんの焦りそのものが、親御さんご自身をネガティブな気持ちにさせてしまっています。

そしてその親御さんのネガティブな気持ちが、お子さんを更にネガティブな気持ちにさせてしまいます。

先にもお伝えした通り、3歳くらいのお子さんはおねしょをした際、自身でネガティブな気持ちでいることがあります。

その上で大好きなお母さんやお父さんに怒られたり、

「またしたの?」「なんでしたの?」「前はしなかったのにどうして?」などのネガティブな言葉は、

お子さんの心に突き刺さってしまい、自尊心を傷つけ、お子さんは自信をなくしてしまいます。

そして「おねしょしないようにしなくちゃ」というプレッシャーが、

更におねしょの回数を増やしてしまう原因にもなることもあるのです。

そのため、3歳くらいのお子さんにできる対処法でまず大切なこと。それは『焦らない』『怒らない』ことです。

また、夜にお子さんが眠っている時におねしょしていることに気がついたら、決して起こさないようにしましょう。

大人と同じく3歳くらいのお子さんでも、睡眠リズムを乱すことで

尿量を調節するホルモンが乱れたりして昼と夜での尿のリズムも乱れてしまうことがあります。

ですから、3歳くらいのお子さんにできる対処法で次に大切なこと。それは『眠っていたら、起こさない』ことなのです。

最後に

今回ご紹介したのは、3歳くらいのお子さんのおねしょの原因と対処法についてです。

対処法については、実に簡単そうに聞こえるのですが、

おねしょの悪循環のループにはまっている親御さんとお子さんにとっては、簡単そうで難しいことです。

一度お子さんの視点に立ち、焦らずにお子さんと歩いてみてください。

【スポンサードリンク】