産後のママにはいろいろな体の変化がつきものですが、むくみがひどくてつらい思いをするママは多いと思います。

多少のむくみはほとんどの人が体験しますが、ひどい人は体がパンパンになって精神的もつらいものです。

産後に体のむくみがひどくてどうしようもないと、育児もきつくなります。

産後のむくみの原因は何なのでしょう。また、むくみを解消する方法はあるのでしょうか。

ひどいむくみも含めて、原因や解消方法を調べてみました。

【スポンサードリンク】

産後のむくみの原因は何?

産後、びっくりするほど体がむくんでしまうママは多いです。

これは体の水分バランスが崩れて起こるものです。

妊娠中は通常より血液量が約1.5倍にもなっているのですが、出産することによって血液は体外に排出され、それに伴って水分も失われます。

すると体が、急激に失われた水分を体にため込もうとします。

そして必要以上に水分をため込んでしまい、結果、体がむくみます。

体内に余分にたまった水分が、むくみの原因なのです。

また産後は、赤ちゃんへの授乳を行うママもいますよね。

母乳にはたくさんの水分が含まれていて、授乳によって体内の水分が失われます。

この現象にも、体は水分をため込もうと働きます。

そうしてやはりむくみにつながります。

体が危機感を持つことがむくみをまねいているとは驚きですね・・・。

【スポンサードリンク】

ひどいむくみを何とかしたい!

産後のむくみは生理的なもので、徐々に良くなってはいくのですが、長引いたり、あまりにもひどいむくみだと育児にも支障が出ますよね。

まず、むくみの原因は体内の水分ですので、過剰にたまった水分を体外に出す必要があります。

産後は代謝も低下していたり、睡眠不足や育児の疲れなどでうまく水分を排出できないママもいるでしょう。

そこでまず試してほしいのが、横になるときに足を少し高くして寝ることです。

10~15センチほど、クッションなどを丸めてそこに足を上げて寝ることで、血流をよくします。

血流がよくなるとむくみも解消します。

次に、塩分を減らすことも大事です。

普段以上に食べるものの塩分には気を使って、減塩生活をしましょう。

過剰な塩分は血流を悪くするのでむくみもよくなりません。

気を付けてください。

また、体を温めることも効果的です。

産後は湯船につかれないというママも、足湯なら可能だと思います。

足首から下を、お湯を張った洗面器につけるだけでずいぶん楽になりますよ。

注意したいのが、体内の水分が原因だからと、飲み物を控えることです。

水物を飲まないと、それも体内の水分が足りないと体が判断してしまい、逆効果だからです。

体を冷やさない飲み物をなるべくたくさん摂取して、一緒にどんどん水分を外に出すことが大切です。

なかなか解消しないむくみは注意が必要かも?

妊娠中に「妊娠高血圧症候群」と診断された人で、ひどいむくみが続く人は少し心配です。

高血圧、頭痛を伴っている場合、「慢性腎盂腎炎」という病気の可能性があるからです。

むくみ解消のためにいろいろな方法を試しても、一向にむくみが消えず、また頭痛などもある場合はお医者さんに相談したほうがいいでしょう。

心配な方は、早めに病院に行きましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

産後のむくみはそのうち治るといわれても、ひどいむくみが続くのは憂鬱なものですよね。

育児で忙しかったり、寝不足でつらかったりすると思いますが、原因は体内の水分ですので、少しでも解消するようにいろいろ試してみてください。

参考になったら幸いです。

【スポンサードリンク】