お酒を沢山飲んでばかりでお腹が出てきて困っていませんか?

最近ビール腹という表現がなんだか自分に当てはまるようでそろそろお酒をやめないといけないかもしれないなんて考えている方はいませんか?

でもお酒だけが太る原因なのか、そもそもやめると痩せるんでしょうか??

今日はお酒で太る理由を調べてみました!

ぜひ参考にしてみて下さいね!

【スポンサードリンク】

お酒で太る理由

まずお酒で太る理由を考えてみましょう。

沢山飲んで食べるから。

お酒を飲むとアルコールが心臓の動きを活性化させ、血液の循環が良くなって胃液の分泌が多くなり食欲がでるのです。

よって食べ過ぎてしまうのかもしれません。

そしてお酒に合うおつまみは揚げ物やコッテリした味のものが多く、ついついカロリーオーバーになりがちです。

じゃあおつまみを食べなければ痩せるかというとそうでもないのです。

どうしてなのでしょうか?

【スポンサードリンク】

お酒だけでも太る理由になる

実はお酒だけでも太る理由になるのです。

なぜならお酒は太るメカニズムに手を貸してしまっているのです。

肝臓は体の代謝機能を司り、エネルギーを溜め込み保管をする貯蔵をしたり、解毒や排出する機能をもっています。

お酒を飲むと、肝臓はアルコールを、解毒しようと分解します。

本来アルコールの場合、汗や尿になって体脂肪にはならないのですが、肝臓が解毒排出を優先していると他の役割が疎かになってしまいます。

その役割がエネルギーの貯蔵です。

貯蔵されなかったエネルギーが行き場をなくし、中性脂肪となり、やがて体脂肪になるのです。

つまり、お酒が体を太らせてしまう理由のひとつになっていると言えます。

お酒をやめれば痩せるのでしょうか?

お酒をやめれば痩せるか?

お酒をやめればそれなりに痩せるでしょう。

でも太るのが嫌だからという理由でお酒を飲まないのもストレスがたまりませんか?

お酒には種類があります。

「蒸留酒」と「醸造酒」です。

蒸留酒は純粋なアルコール、またはアルコールを水で薄めたもので、ウイスキー・ブランデー・ウォッカなどがあります。

醸造酒はアルコールと糖分が含まれたお酒で、ビール・日本酒・ワインなどがあります。

アルコール自体にもカロリーがありますが、アルコールのカロリーは体に吸収されにくいものなので、ダイエットに関わるのはドリンクに含まれる糖質のカロリーです。

この点から、蒸留酒を選ぶようにするのがオススメです。

それからおつまみは高タンパク低カロリーなものを選びましょう!

例えば枝豆や冷奴、お刺身などはどうですか?

出来れば揚げ物は避けて、野菜から食べるほうがいいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お酒のせいで太る理由がどうしてなのか分かりましたか?

痩せたいからお酒をやめるというのも1つの案ですが、お酒は脳のデトックスとも言われ、上手に飲めばストレス発散やリラックスなど良い効果もあります。

昔から酒は百薬の長とも言いますし、楽しく、美味しくお酒を嗜めるようになりたいものですね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

あなたのお役に立てたなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】