みなさんがよく飲む緑茶やほうじ茶などにはカテキンが多く含まれていますよね。

カテキンの効果として非常に多彩な生理活性があるとされています。

今日は日頃よく飲まれている緑茶とほうじ茶のカテキン量や効果について調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

緑茶とほうじ茶のカテキン量

緑茶やほうじ茶などお茶には「カテキン」が含まれています。どのお茶にもカテキンは含まれているのでしょうか?

そしてどのくらいの量があるのでしょうか?

ほうじ茶は実は緑茶と茶葉は一緒なんです。

ほうじ茶は製法が緑茶と違い、同じ茶葉を強火で炒ったものがほうじ茶になります。

焙煎方法が違うだけですが実は色々成分も変化があります。

また、茶葉は緑茶と同じですが「抹茶」は緑茶の茶葉を細かくしたもので、「煎茶」は通常の緑茶、「番茶」は収穫時期の最後の緑茶というように
呼び方も違います。

カテキン量は色々なお茶の中では緑茶が一番多く、同じ緑茶の茶葉の中では抹茶、煎茶、番茶、ほうじ茶の順にカテキンが多いです。

玉露と呼ばれるお茶は緑茶と同じですが、栽培方法が違います。

玉露は日光を遮って栽培するため、カテキンは少ししか含まれていません。

また、麦茶は大麦からつくられるため、カテキンは含まれません。

お茶だけでもこんなにカテキンの量が違うのですね。

緑茶やほうじ茶などお茶に含まれているカテキンの効果はどんなものがあるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

緑茶とほうじ茶に含まれるカテキンの効果

先ほど緑茶とほうじ茶のカテキンの量についてわかりましたね!

ではカテキンはどんな効果、効能があるのでしょうか?

カテキンには高血圧の抑制、血中コレステロールの調節、血糖値の調節などの作用があるため、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病に対する効果が期待できます。

他にも抗酸化作用で老化防止になるほか、抗菌や抗アレルギーなど、ウイルス感染を防いで風邪を予防したり、虫歯などの予防にも役に立つと言われています。

また脂肪を効果的に燃焼させる効果もあります。

ですので緑茶やほうじ茶などはダイエットにも非常に効果的な飲み物であると言えます。

緑茶とほうじ茶のカテキンの多く出る効果的な入れ方

緑茶とほうじ茶に含まれるカテキンの効果についてわかりましたが、実はお茶に含まれるカテキンはお茶の入れ方によっても多くなったり、少なくなったりします。

カテキンは80度以上の高温で溶け出しやすくなります。

緑茶は70〜80度のお湯で入れると、一般的に渋みが抑えられて良いとされていますが味にこだわりを出さずとも良いならばもっと熱い方が良いかもしれませんね。

香りを出したいほうじ茶は、100度の熱湯が成分を引き出しやすいといわれています。

また、一煎目にはカフェインやビタミンCが多く抽出され、カテキン類は二煎目、三煎目に多く出るといわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は緑茶とほうじ茶のカテキンの量と効果についてご紹介しました。

私は身近に飲まれているお茶にこのような種類があるのもわかりましたし、カテキンの効果も沢山あることが分かりました。

ダイエットにも良いとのことですし毎日飲用していきたいなと思います!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】