皆さんは毎日の睡眠時間ってどの位ですか?

20代、30代そして40代と年を重ねるにつれ、しっかり眠れているか、理想の睡眠時間はどの位が気になるところです。

日々を健康にそして精力的に過ごすためには、睡眠は欠かせません。

そこで毎日の理想の睡眠時間を20代30代、40代と年代別に紹介していきます。

自分の普段の睡眠時間が理想の時間とマッチしているか比べてみましょう。

【スポンサードリンク】

20代30代40代の一般的な睡眠時間を徹底調査!

     
理想とされる睡眠時間分だけ、自分はしっかり眠れているか気になるところですよね。

でも理想を知る前に、20代30代そして40代と、年代別日本人の平均的な睡眠時間の調査結果があるので見ていきましょう。

20代・・7時間16分

30代・・6時間57分

40代・・6時間59分

こうしてみると年齢を重ねるにつれておおよそですが、徐々に睡眠時間が減っているのがわかります。

特に30代から40代は仕事面では働き盛りであり、家では育児や家事に追われて睡眠時間が削られる傾向にあります。

20代は大学生も多いので、時間の融通が利きやすいという人もいます。

夜更かしはするけれど、昼間や夕方などの空き時間で眠ることができるなど、平均睡眠時間が長くなる傾向にあります。

上記の睡眠時間はあくまでも平均なので、平均時間より長い人もいれば極端に短いという人もいます。

更に、寝不足や寝すぎを感じるのもその人の体質や生活する環境などによって差が出るでしょう。

【スポンサードリンク】

20代30代、40代の理想の睡眠時間とは?

現実の睡眠時間が分かったところで、20代30代40代の睡眠時間をチェックしていきましょう。

アメリカの睡眠を研究する機関が、長年の調査や睡眠に関する資料を基にして分析し、導き出された理想の睡眠時間は以下の通りです。

20代・・8時間~9時間

30代・・8時間~8時間半

40代・・8時間~7時間半

20代も30代も40代も、実際の睡眠時間の平均よりも理想とされる睡眠時間の方が長いことがわかります。

でも忙しくてなかなか理想の睡眠時間を確保できない、また長く寝ても体がすっきりしないという人もいますよね。

睡眠時間を確保することは大事ですが、それと同じくらい眠りの質を向上させることも体の疲れをとるための大きなポイントとなります。

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。

ノンレム睡眠は眠りについてから最初の3時間に、レム睡眠は午前3時から6時頃に多く出ます。

そのため午前3時以降に眠るとレム睡眠とノンレム睡眠が同時に出ることのなるので、睡眠の質が悪くなります。

遅くともレム睡眠が出始める3時間前の午前0時までに寝付くと、ノンレム睡眠もレム睡眠もしっかりとることができます。

仮に睡眠時間が短くても、すっきりとした目覚めになります。

また寝る時間と起きる時間を大体毎日同じ位にして規則正しい生活を送ることで、睡眠のリズムも作りやすいと言えます。

睡眠時間が3時間程度と極端に短く、かつ睡眠の質も悪いと血圧が上昇するなど体調が悪くなったり、昼間の集中力が落ちたり、イライラしたりと体と心に悪影響を
及ぼします。

理想の睡眠時間に近づけるように、そして睡眠の質を向上させるように生活スタイルを見直してみましょう。

【スポンサードリンク】