この記事を読んでいる方で、離乳食は初めてのことで、わからないことだらけですよね。

何をいつから与えていいのか、どのように進めていいかわからない、という方がほとんどだと思います。

離乳食の材料で卵は栄養価が高いため、ぜひ取り入れたい食材です。

しかし、アレルギーのこともあるため、卵は7~8ヵ月目から慎重にスタートするほうがよいです。

卵はアレルギーも心配ですが、完全食品と言われるように栄養価に優れた食品です。

卵を離乳食として進めていくときは黄身からそして白身と量やタイミングをみながら進めていきます。

そして、卵を食べられるようになると卵とじ粥、親子丼、茶わん蒸し、プリンなどレパートリーが増えて楽しいですよ。

子供の成長に合わせてぜひ少しずつ慣れさせていってくださいね。

今回は離乳食で初めての卵の白身を使うときの量やタイミングについてご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

離乳食で卵を使うタイミング

離乳食をはじめてしばらくして、食べられるものの種類が増えてくると、アレルギーが心配な食品を徐々に試していくというステップに移ります。

そんな卵の与え方、進め方には、いくつかの注意点があります。

また、卵黄と卵白では与え始める時期も違いますので、詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの卵はいつから、進め方について。

卵には、卵黄と卵白がありますが、それぞれ離乳食に使える時期が違います。

消化の悪い卵白の方がアレルギー反応が出やすいので、まずは卵黄だけを与え、様子を見ることが進め方のコツです。

卵黄は初めて加工品を含む卵が使われた食品をあげるのは少なくとも生後7ヶ月を過ぎてからにしましょう。

それより早いと赤ちゃんの消化機能が未熟なため、アレルギーを起こしやすくなります。

初めての卵はたまごボーロがおすすめです。

初めて食べさせる卵を使った加工品なら卵ボーロがおすすめです。

卵はアレルギーも心配ですが、完全食品と言われるように栄養価に優れた食品です。

卵を食べられるようになると卵とじ粥、親子丼、茶わん蒸し、プリンなどレパートリーが増えて楽しいですよ。

子供の成長に合わせてぜひ少しずつ慣れさせていってくださいね。

【スポンサードリンク】

離乳食で初めて卵を使うとき

初めて、離乳食で卵を使うときは勝手がわからないですよね。

順番は、黄身→全卵→白身です!

なぜなら、卵アレルギーは卵白アレルギーのことが多く、卵白アレルギーは激烈な症状がでやすいです。

まとめると、卵黄小さじ1→卵黄1個分→全卵小さじ1→全卵1個。

すべてを完全に加熱。全卵1個クリアできれば、卵白も大丈夫です。生卵は3歳以降が目安かと思います。

一つの命が育つという事だけあって、卵には命が育つのに欠かせない栄養素がぎっしりと詰まっています。

成長盛りの初めての赤ちゃんの離乳食にも持ってこいの食材の1つです。

そんな栄養たっぷりの卵ですが、アレルギーのリスクも高い食材でもあるので、離乳食への採り入れ方も注意が必要です。

離乳食で使う卵の白身の量

卵で離乳食の幅を広げていきましょう。

離乳食に卵を使えるようになると、料理のレパートリーが広がりますよね。

ただし、無理は禁物です。

0歳代のうちは必ず火を通して与え、1歳を過ぎてから、少しずつ食べられる料理を増やしていきましょう。

その際今まで試して大丈夫だった卵黄が入っても良いです。

注意するところは黄身の分量が多くて白身の量が少ないままだとある程度の量の白身を食べた事にならないので卵黄の分量が多くなり過ぎないようにしましょう。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】