「結婚式なら礼服って言われたけど、普通のスーツと礼服、何に違いがあるのだろう・・・」

女性でも男性でも正式な場、お招きなどで悩むのが礼服ではないでしょうか?

礼服は一つは持っていたいもので、男性でも大人になるとどこかで必ず必要となるものです。

さて、この男性の礼服、どのようなものが正式なのでしょう?

シングルのリクルートスーツでもいいの?それともダブルスーツ?

それとも結婚式ならフォーマル感のあるダブルスーツの方がいいの?

シングルなら持っているけど・・・シングルとダブルの違いって何だろうと思っているあなた、その違いなどを紹介しますので参考にしてみましょう。

【スポンサードリンク】

礼服はダブル?シングル?違いは?

礼服とは正式な場で着用する「服」となります。

男性ならおのずとスーツということになるのですが、ダブルというのは前の重なりが広くボタンが二列に並んだもので、シングルは重なりが浅くボタンが一列に並んだ上着となります。

ダブルとシングルの違いはそれだけなのですが、ダブルの場合ズボンにタックがついていたりします。

最近ではあまり見かけませんよね?

ダブルの場合、恰幅をよく見せるために着用することがありますので、ズボンもそうなってくるのです。

冠婚葬祭でスーツを選ぶなら、「いつでも着られる」「流行を問わずに着られるもの」を選んだほうが良い、ということになります。

【スポンサードリンク】

礼服と欲しいシングルスーツの色と違いとは

礼服を選ぶ場合、スーツの知識がない男性なら紳士服売り場の店員さんに質問することが多いようですが、それは「きちんとした格好で行きたい」「一人だけ違うものにならないように」という気持ちがあるからです。

好みのものを買う場合、ダブルでもシングルでもよく、違いを気にせず色も好きなものを選ぶとよいでしょう。

しかし、冠婚葬祭となると好きなスーツではなく、できればほかの方と同じものを選んだほうが無難です。

理由としては、体形が変わらない限りいつでも着られる、スーツを何度も買わずに済むということです。

さて、礼装の色についてですが、「黒」ということになります。

黒でもグレーに近い黒、黒く見えても紺色に近い黒というものもありますが、礼服の場合どの色も混ざっていない「真黒」ということになっています。

なぜ「黒のシングルスーツ」がよいのかというと、色については先にお話しした通りですが、ダブルの場合フォーマル感が強いということ。

そう考えると、告別式への参列の際、シングルの方が無難だということになります。

男性が初めに手にしてほしいシングルスーツ

男性が初めてスーツを買う機会。

成人式のため、就活のためにリクルートスーツをということになるでしょう。

若い男性の失敗談として多いのは「流行のものを買ったため、その時だけ着て終わり」ということです。

あなたにも覚えはありませんか?

もしもこれから初めてスーツを作られるのでしたら、ぜひ礼服に近いものを選んでください。

それだと失敗がないからです。

恰幅の良い男性の場合、ダブルを選ぶかもしれませんね?

体が大きいとシングルよりもゆったり着られるというのがダブルとシングルの違いになるかもしれません。

なぜならズボンにもタックが入っていることが多いからです。

しかし、初めてのスーツをリクルート用にと考えているなら、あなたはどちらを選んだほうが良いと思いますか?

答えはおのずと出てくることでしょう。

結婚した男性はダブルの方がいいの?

結婚式などで礼服を新調するとき、結婚している男性はダブルの方がいい。

そういわれることもあるようです。

シングルに比べ、恰幅が良くなることが理由なのだそうですが、「独身ならシングル、既婚ならダブル」選び方の違いをそれで分けている方もいるそうです。

年に何度も着る機会があればいくつかのスーツを持っていてもいいでしょうが、男性のスーツにおいて「既婚独身という違い」は特にありません。

男性の礼服のほとんどがシングル

礼服、準礼服の男性用スーツ。

そのすべてがシングルとなっています。

燕尾服、モーニング、タキシードを想像してみましょう。

どちらもシングルで、燕尾服とモーニング、それからタキシードの違いはどのシーンで着用するか、時間帯などによってきめられています。

普通のスーツに比べ形状、ズボンの違いというものはありますが、違いがないのは「シングル」だということです。

男性が持つ礼服スーツ 「まとめ」

男性の礼服を難しく考える必要はありません。

基本的には以下の通りで準備していただければいいのです。

・結婚式ならダブルでも(好みで)

・冠婚葬祭いつでも準備したいのなら黒のシングル(ネクタイの色TPOを分けられる)

・礼服ですので上着もズボンも共布で

・季節に合わせた素材の礼服を二つ持っておく

礼服には流行というものはありませんので、基本に従って選んでみると失敗はありませんが、しいて言えばボタンの数くらいのものです。

いかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの礼服選びの参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】