ソファに子供がボールペンで落書きしてしまった!

そんなことはありませんか?

しかも白いソファに油性のボールペンで落書きされると目も当てられません。

しかし落書き消しは簡単ではありません。

いい落書き消しの方法が見つからずそのままにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。

今回はソファにボールペンで落書きされた時のいい落書き消しの方法をお伝えします。

ぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

ソファにボールペンで書かれた落書き消し/h3>

ソファにポールペンで落書きされた時の落書き消しは簡単です。

ボールペンによる落書きは家にあるのものを使って消すことができます。

それぞれ詳しくお伝えしますね。

①消毒用エタノール

俗に言うアルコールです。

化粧用のコットンやハンカチに十分に含ませ、落書きに押しつけて拭き取ればOK。

時折叩くように拭いたらさらに効果があります。

エタノールがない場合はコールドクリームやクレンジングクリームでも代用できます。

②石けん+重曹

石けんを溶かした水に重曹を入れ、スポンジに含ませて拭き取る方法です。

重曹を溶かした水はアルカリ性になり、有機物をやわらかくする効果があります。

また、油性のボールペンのインクなら重曹が洗剤のように混ざり合って浮かせてくれるのでよりきれいに取ってくれるわけです。

③界面活性剤入りの洗剤で取る

こちらは一般の洗濯用の洗剤に含まれている界面活性剤の力を借りる方法です。

界面活性剤が入った洗剤を水に溶かし、キッチンペーパーなどにしみ込ませて拭き取ります。

また、キッチンペーパーや厚手の紙に洗剤を溶かした水を含ませて湿布しておくのも効果的です。

あまりにひどい落書きに対しては湿布する方が効果を期待できます。

④除光液

これは落書き消しの最終手段だと思ってください。

除光液を使ってボールペンの落書きを消す方法です。

コットンに除光液をつけて拭き取るか、除光液をしみ込ませたコットンを湿布する方法があります。

ただし、あまりに強力なので、ソファの広範囲に及ぶ落書きよりも落書きが小さい時に使うことがおすすめです。

【スポンサードリンク】

ソファの落書き消しの注意点

ソファの落書き消しをする時には注意点があります。

落書きの度合いによりますが、除光液や界面活性剤、ベンジンを使った落書き消しはソファにダメージを与えてしまう場合があります。

ボールペンのしつこい汚れを落とすために、これらを長時間ソファに当てるのはかえって逆効果。

素材によっては深刻なダメージ受けてしまうこともあります。

ボールペンの落書きにかかる前に、一度目立たない場所に使ってみてから落書き消しに入るようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?

ソファについたボールペンの落書きは意外なアイテムで消すことができます。

ご紹介した落書き消しの方法は簡単なやり方なので、ぜひ実践してみてください。

しかしソファの素材によっては、逆にダメージを与えてしまうことになりかねません。

除光液や界面活性剤を使ってボールペンの落書き消しをする時は、なるべく一度は目立たない所に試してみましょう。

【スポンサードリンク】